img_009dfdc3e58e5684280a097b5d32ae1b245682
引用元 https://toyokeizai.net/articles/-/262077


この記事を見ている方のほとんどが、このゲームを1度はプレイしたことがあるのではないでしょうか?


そう、スプラトゥーンです。


管理人もこいつをほぼ毎日のようにプレイし、今では全ルールウデマエXとなり、
Xパワー2100あたりをさまよっています。

先月2019年1月に、東洋経済オンラインで

『「スプラトゥーン」の中毒性が極端に高い理由家族の絆をも壊すその特殊なゲーム設計』

【https://toyokeizai.net/articles/-/262077】



という記事が掲載されました。 ざっくり、大まかに記事の内容で言われていた、スプラが中毒性をもつ理由を書き出すと
 
・クリアの概念がなく延々と遊べる
・ソシャゲでいうスタミナ制度がなく、終わりがない
・中毒の恐ろしい原因はギアのガチャ。
・スパイキーの1日限定の注文も、中毒の原因
と、あります。






…なんかちがくね?







最初の2つはまだわかるんですが、ギアのガチャ、ギアの注文ってそこまで中毒性を持つ原因ですかね?


私達スプラプレイヤーって、いいギアが欲しくて色塗ったり、ヤグラ乗ったり、ホコかついだり、アサリぶん投げたりしてるんでしょうか。



…パブロの中毒になるのはまた別の話でしょうかね…





それはさておき

ソシャゲのガチャに中毒性があるのは確かですが、それはあくまでも、そのゲームにおいてガチャがメインコンテンツだから。



一時期大ブームになったポケモンGOにもポケストップというアイテムがランダムで貰える、ガチャのような要素がありますが、それは大ブームの大きな要因では無い気がします。




ポケモンGOなら、より強いポケモンを手に入れたいという自己満足的な欲求や、より強いポケモンをジムに置く、承認欲求を満たすような所に魅力があるんではないでしょうか。




でなきりゃポケモンGOガチ勢が遠方にわざわざポケモンを捕まえに行こうとする理由が分かりませんものね。








こういったソシャゲ業界のゲームって、別のある業界から顧客を年々奪いつつあるそうです。皆さんはピンと来るものはありますか?



実はパチンコ、パチスロ業界なんだそうな。




「もしかすると強いキャラが手に入るかも」

「もしかしたらより強いポケモンをゲットできるかも」

というちょっとしたギャンブル性があって、手軽な暇潰しにもなり、承認欲求や、キャラを手にいれて大きな満足感も得られる。 
パチンコで満たされる部分がほぼほぼ手元のスマホで得られるし、しかもさらに面白いゲームも遊べるとなればそりゃハマるでしょう。



ゲームの内容が対戦系のものであるなら、「次は勝てるかも」というギャンブル的な要素があり、それを実際に満たしてくれるゲームがあれば、楽しくて仕方なくなるのではないのでしょうか。
そういう意味で言うならスプラはぴったりなのではないでしょうか。


スプラトゥーンは「色を塗って地面をどれだけ塗ったかで競うシューティングゲーム」。 けれど普通の「シューティングゲーム」の勝ち負け要素にはない、色を塗るという斬新さ、そして任天堂というブランド力、取っつきやすい見た目。


まず、こういった要素が客の入り口を広くしているんじゃないでしょうか。


続いて、4人の協力プレイで敵を倒すという、プレイヤーが取っつきやすい要素が更に人を集めるのではないか、と思ってます。


管理人も実際、これがソロのゲームだったらあんまりハマらなかったかもしれません。

…あ、ポケモンは基本ソロか…。

一回一回のゲーム時間が3分という短さであるため、とっつきやすい。


そして、先ほど「ぴったり」だと言ったように

「もしかしたら次勝てるかも」 

「もしかしたら次、脳汁ドバドバの活躍できるかも」

という味方ガチャというギャンブル性や実際に実力をつければ活躍できる設計「ウデマエ」という名の、自己満足や承認欲求を満たす要素もバッチリ完備。



まるで悪い要素かのように言ってますが、そんなことはありません。むしろ、競争し合い、切磋琢磨できるゲーム設計になっているという意味で素晴らしいゲームだと思います。


かの有名な娯楽報道サイトの「IGN」が、この東洋経済オンラインの記事に真っ向から向かい合った記事を出しました。

管理人が述べた考察よりよっぽど切れ味のある面白い内容となっておりますので、よければご一読くださいませ。



スプラの中毒性を、中毒状態である管理人の視点から語ってみました。いやー。自分でこの記事を書いていて、色んな学説やゲームの資料を見たので、結構勉強になりました。


皆さんも、こういう興味のあることは、とことん調べてみてはどうでしょう。


結論:興味のあることはまず調べてみる事が大切