Screenshot_20190428-024242






Long live the KING


「古き国の王は亡くなった。新国王万歳」

大元は、この意味で使われた言葉。
日本語訳では「王が目醒めた」と訳されていた。
IMG_20190601_101422

劇中ではゴジラに対してではなくギドラに対して使われた。



王であるギドラ、キングギドラに対して。









の王


ゴジラに千切られた首がみるみるうちに再生。地球における生命でここまでの再生能力はありえないとされたギドラ。
main



「星が落ちる」


中国の壁画の伝承とも擦り合わせてみるとギドラは地球外生命体である可能性が高くなってきた。
_20190601_102848


ゴジラがギドラに対して明確な敵意を向けるのは、別の場所にいた生命があたかも自分の国であるかのように王として振る舞うことが許せなかったのではないかと劇中で言われていた。


ゴジラはギドラが明確な外敵であると知っていたのだ。





ドン、お前…


ギドラとの戦いになり、敗れたラドン。

ギドラに平伏し、最終決戦では人間だけでなくゴジラとともに戦うモスラ相手に激戦を繰り広げる。
IMG_20190601_103558

モスラをボロボロにし追い詰めたところで、さすがはラドン。詰めが甘い。


モスラに一杯食わされたラドンであった。


最終決戦後、文字通り怪獣王になったゴジラ。
モスラの命がけの手助けもあり、ギドラを倒す、いや、蒸発させた。
_20190405_192504
Screenshot_20190428-024242


そんなゴジラに何をするかと思えば深々と頭を垂れるラドン。


お前それでいいのか…







とめ


_20190405_192200

怪獣たちが今までになく生き生きと描かれていたゴジラキングオブモンスターズ。

ゴジラの威嚇やモスラのふつくしさ、キングギドラ三者三様の個性、ラドンの自由っぷりなど、新たな発見がたくさんある。
 






怪獣以外にも渡辺謙が「止まった時計」を眺めるシーンがある。

ここの台詞に「傷を癒すには傷をつけた悪魔と仲良くならなければ」という様な言葉がでてくる。

そこに怪獣と、かの国を重ねている日本人が描かれているのを見た。






ゴジラ好きでなくても、一見の価値がある映画だ。



ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(Godzilla King of the Monsters)(2枚組)【帯&解説付輸入盤国内仕様】





ちなみに筆者は
ギドラの向かって右側、千切られたヤツ。
アイツが一番この映画で可愛いと思う。

真ん中ギドラにいっつも注意されてる
アホの子だよねあいつ