20-01-10-15-26-07-877_deco













すでにもうパスは買ったんだよなぁ…









まずは
Screenshot_20200110-152256
からご紹介



 柄な体、でも…

Screenshot_20200110-000348

ひたむきに鍛練にはげむ、
「けんぽうポケモン」のダクマ
特性は「せいしんりょく」。


戦いに負けるとより熱心に鍛錬に取り組み、強さを身につけていく。

下腹部には「かくとうエネルギー」を生み出す器官があり、独自の呼吸法と集中力の向上により、エネルギーを増幅させて戦いに挑む。

人間でいう丹田のようなものか?

pokemon-200109_01_02


ガラル地方から遠く離れた山岳地帯を主な生息域とするダクマ。
かつてはガラル地方に暮らすポケモンだった。

歴史書の一節には、交易や探検のために、人々とともに未開の地へ向かうことが多く、たどり着いた土地で野生化したものたちが、山岳地帯に住み着いた、と記されているらしい。

でんせつのポケモンだとダイレクトでは紹介されていたが、「でんせつのポケモン」というシステム的な区分ではあるものの、
もとは一般的な格闘タイプのポケモンだったのだろう。






赦なき一撃、
濤なる連撃。

Screenshot_20200110-000429

新しい特性「ふかしのこぶし」をもつ
ダクマの進化型、ウーラオス

進化先を選ぶことができ、
それぞれ「いちげきのかた」(画像左)
「れんげきのかた」(画像右)となる。





sugata-200109_02_a

こちらはウーラオス(いちげきのかた)。

情け容赦のない戦い方を好み、激情すると、見境なく相手を追い詰め、徹底的に叩きのめす。
直線的な動きが特徴で、離れた間合いから瞬時に相手の懐に飛び込み、強烈な一撃を叩き込む。

キョダイマックスすることで赤い毛並みになる。

Screenshot_20200110-000448


ウーラオス(れんげきのかた)は、
ハチマキのような毛がないなどの差異がある。

sugata-200109_02_b

冷静沈着で、相手の敵意をかわしながら様子を探り、実力を測って戦う。

戦闘中は、水のように緩やかに流れる動きで、相手の動きを受け流しつつ、怒涛の連続技で相手を圧倒する。

キョダイマックスすることで青い毛並みになる。









そして
Screenshot_20200110-152232



 一者

Screenshot_20200110-000744

キングポケモンのバドレックス
かつて、ガラルを統一していたポケモンといわれる。
特性はきんちょうかん。

華奢で小柄な見た目だが、立ち振る舞いは優雅で威厳に満ちている。

Screenshot_20200110-000222

極めて高い知能を持ち、過去・現在・未来の出来事すべてを見通すともいわれている。

まさに、シシガミ様。

pokemon-200109_03_02
1/10(金)時点で詳細が公開されている新ポケモンは彼のみ。

今後のキョダイマックスポケモンや、
謎のレジシリーズ、
仮にレジボルト、レジドラゴとしよう。
Screenshot_20200110-000837
Screenshot_20200110-000848


その他、ガラル三鳥(?)にも期待したい。
Screenshot_20200110-000045
Screenshot_20200110-000055
Screenshot_20200109-235917