20200828_223000




ミラボレアスには、ミラバルカンやミラルーツといった近縁の種がいますが、これはあくまで通称で、全て「ミラボレアス」という名前なんですね~管理人です。







 を亡ぼす邪龍の伝説

20200828_223000
黒龍 ミラボレアス

初登場は初代モンスターハンター。

運命の戦争」
「運命を解き放つ者」
「運命の始まり
「邪龍」

などの別称がある。


20200828_221423

かつて大昔にシュレイドという王国があったが、この黒龍ミラボレアスとの戦争によって、一夜に文明ごとすべて滅び去った。

20-08-28-21-36-03-516_deco

圧倒的な力を持つこの邪龍の前では一つの夜だけで国1つを終わらせることなど造作もないのだろう。

これまでのモンスターとは一線を画す存在である黒龍。殆ど世にはお伽噺としてしか伝わっておらず、伝説の存在として語られている。

また、伝説の存在と言えど彼に挑戦する者はいる。だがその者共を返り討ちにし、
超高温の炎で鎧や装備を溶かして、自身の強固な鱗の糧とする特殊な生態をもつ。

オーソドックスなドラゴンの見た目であり、神話では邪な存在として語られがちな龍。
まさに、
「正統派」かつ「王道」
の龍であることがわかる。









 龍の別種

20-08-28-21-35-53-079_deco
この黒龍にも、別種が存在する。

俗称でいうと、
ミラバルカン
ミラルーツ
そしてミララースである。





20-08-29-07-24-52-820_deco
ミラボレアス【紅龍】
通称:ミラバルカン

何らかの理由から、かの龍が「怒れる邪龍」となり、紅く染まった姿。
伝承には「伝説を遥かに上回る災厄」として残されており、一説によれば彼の咆哮で大地が揺れ、火山が吹き荒れる非常に危険な存在。

伝説の黒龍より片方の角が短くなっており、これがいかなる意味を成しているかは不明。

また、便宜上【紅龍】としているが、ゲーム内では単に「ミラボレアス」としか呼称されない。







20-08-29-07-24-30-653_deco
ミラボレアス【祖龍】
通称:ミラルーツ

黒龍とは全くの対照的な、純白に輝く煌々とした鱗に身を包んだ、ミラボレアスの一種。

黒龍ミラボレアスや紅龍ミラボレアスなどとは異なり、彼の名が伝承に登場したことは一度として無い、まさに伝説の中の伝説
皆既日食の時に現れると言われるが、真偽は不明とされている。

僅かにわかることと言えば、ある書物に「祖龍」という呼称が記されていたり、
石盤に「祖なるもの」といった言葉が遺されているのみである。







20-08-29-07-24-43-673_deco
ミラボレアス【紅龍】
通称:ミララース

怒りによって我を忘れ、極限の怒りに覚醒を遂げた紅龍の特殊個体。彼がひとたま咆哮すれば、紅の焔によって全てが焼き払われる。


今までの紅龍は黒い体が赤みががっていたが、彼は全身が真っ赤に染まり、体から溶岩のようなものが滴り落ちるほどの高熱を放っている。

彼の素材には「黒龍の紅焔鱗」「黒龍の紅焔角」と称されるものがあるが、そのことから
紅焔龍
という別称があるのではないかと考えられる。


破壊と再生を繰返す不滅の証」と称された歪な双角を携えた紅に燃える邪龍。
怒りに染まったその邪眼は何を見据えるのだろう。




別種の彼らが登場するのは無いとは思うが、
それでも期待せずにはいられない。