20200910_091808










 初はまず大砲

フィールドに降りたったらまずは大砲を準備しよう。
スキル「砲撃手Lv2」を着けた転身もしくは不動の装衣を着込み7-8発大砲を撃ち込めば、ほぼ確実にダウンがとれる。









 っとばしのタイミング

ミラボレアスは角を破壊することでブレスの威力を下げられる。
また、四つん這いの時にぶっ飛ばしをして壁にぶつけることでかなり角へのダメージが与えられる
ぶっとばしをするのであれば、四つん這いのタイミングで、不動の装衣や転身の装衣を着て、確実に頭へダメージを与えよう






 動式バリスタ

1度目の超大規模ブレスで移動式バリスタが使えるようになるが、これのタイミングはいつか迷ってしまいがち。
飛んでいる状態のボレアスの胸へこれを撃ち込むと長時間のダウンが取れる可能性が高いため、
1度目の超大規模ブレス直後、不動の装衣などを着て、胸へバリスタを撃ち込もう
撃ち落としたらとにかく角を壊すことに専念しよう。





 束バリスタ

撃竜槍のある高台の右手には1度目の超大規模ブレスを避けるための壁があるが、超大規模ブレス後、
隠れていた壁のそばと
反対側に拘束バリスタ弾が現れる。
一番危ない第3形態のミラボレアスが怒り状態のときに使い、頭を狙うチャンスを作ろう。









 護壁

2度目の超大規模ブレスを防ぐための壁。
撃竜槍のある高台そのそばに起動スイッチがある。
起動には時間がまあまあかかるので、早め早めの行動が必要。
目安は、翼などの部位破壊のタイミング。
部位破壊が起きたら、常に警戒して、壁に向かえるよう準備しておこう。








 動式バリスタ(2度目)

2度目の超大規模ブレスが終わってからしばらくすると移動式バリスタが再度使用可能になる。

ここでは覚醒状態となったミラボレアスの弱体化を狙うため、角に対して狙いを定めよう。
攻撃が全て強化されたり、距離や位置によっては狙いにくいため、危ないときは離れるなどして、適切なタイミングを狙おう。








 龍石

滅龍石はミラボレアスに二回当てることで確定の怯みが取れる便利なスリンガー弾。

落ちているなら積極的に拾い、味方のカバーや大剣の真溜めなど、有効活用していこう。






 すすめ準備

■防具
・エンプレスシリーズ
・ゴールドルナシリーズ

整備と精霊の加護の極意、及び火耐性の高さが魅力。



■スキル
↑重要度高
・回避距離
・火耐性
・回避性能
・砲撃手(装衣へ埋める)
・整備
・スタミナ上限突破
↓重要度低
装備していると便利なスキルたち。とにかく生存意識が大事である。
ノーミスで第3形態まで生き残っても、第3形態で死んでいくハンターは数多くいる。
自分だけは生き残る気持ちで動こう。



■アイテム
・生命の大粉塵
 +調合素材(不死虫×4と落陽草×4)
モドリ玉
 生命の大粉塵は確実に尽きるため、
 定期的な補充が必要。
 一時的な撤退にもなるため、有用。




 略した者のみに与えられる


EXドラゴンシリーズα
20201002_085814
20201002_085815
20201002_085817
20201002_085819
20201002_085823




■EXドラゴンシリーズβ
20201002_085829
20201002_085831
20201002_085833
20201002_085835
20201002_085841



■シリーズスキル「黒龍の伝説」
20201002_085846
20201002_085848