となりのモンスター屋さん【となもん】(モンハン/ポケモン/特撮/ゲーム関連ブログ)

なりのモンスター屋さんへようこそ! ここはモンスターハンターや特撮など一部のカテゴリ好きな管理人が情報や雑感を投稿するブログです。 一部ネタバレ情報もありますので、最新情報を知りたい方は是非「ホーム画面に追加」して、ちょくちょく確認してみてくださいね

1657974256004







 





 ンスターリストについて

大型モンスターの肉質や報酬素材を調べる際に重宝するモンスターリスト。

20210326110458

ここで不思議なのは、
ページスキップやモンスターソート、絞りこみ、スタートメニューにはあるはずの「カーソル保存」等が全く無い
こと。

スティック操作によるページスキップ、ソート、絞りこみは防具には導入されているのになぜかモンスターリストには無く、
「カーソル保存」の機能はスタートメニューより、正直モンスターリストのほうが要したのではと思ってしまいました。

また、地味に書かれているモンスターリストの部位と肉質のページにある「通常」の文字
てっきり、ボルボロスやジュラトドスの泥纏い状態や、ルナガロンの氷纏い状態等、状態によって弱点属性が変化するモンスターはここが変わるのかなとか思ってましたが、一向に変わる気配は無く…。
一体何のための「通常」の文字なのでしょう?
書いたからには、何かしら理由があると思ったのですが…。

次に、操竜攻撃のタブですが、弱攻撃①とか強攻撃①という風な記載がなされていて、具体的にどんな攻撃をするのか記載がないんですよね。
てっきりブレス攻撃、とか翼攻撃、とか大まかに書かれているもんだと思っていました
新しくモンスターも増え、操竜のときの攻撃手段も覚えておいた方がいいかな、と思い見てみたらこれだったのでビックリしました(笑)。
 
Aが強攻撃でXが弱攻撃なんて操竜時のUIでわかるんだから特に必要ないんですよね。AやXで攻撃するときどんな技が出せるのかが知りたいんです、と感じました。







 とし物拾いモーション

action-insects-01


サンブレイクで導入された変幻翔蟲の金を使うと、操竜時に落ちる落とし物アイテムが増えます。

素材欲しさによく操竜をするのでわかってきたのですが、落とし物を拾うとその後直ぐに武器を出したりローリングをしたりするなどができない、
次の行動へ移すのにラグがあります。

私の記憶が正しければワールドーアイスボーンのときに、素材を拾った後にすぐ次の行動ができるようアップデートした記憶なのですが、次の作品のハズなのにどうしてか出来なくなっている…。

ライズーサンブレイクにありがちな、アクション一つ一つにラグがあるのが、ここに来て色々と心を悪い方向へ刺激してきます。

直せるのであれば、これは直していただきたいところ。


加えて、猟具生物や罠を間違えて地面に置きそうになった際回避にすぐ移れたり、武器を出せたり少しラグをなくしてほしい。
それで何回か乙ってるのは内緒






 イッシュリストとカテゴリ素材

モンハンワールドから導入された便利なシステム、「ウィッシュリスト」。
そして、MHXから導入された「カテゴリ素材」システム。

これが奇跡的なほど噛み合わせの悪さを発揮しています。

指定された素材が揃ったら教えてほしいのに、
拠点へ帰るたび「カテゴリ素材が揃いました」のアナウンス。

全チャージアックスを揃えようと思い、レア10のチャージアックスを一気にウィッシュリストへ入れたらクエストから帰ってくるたび通知が
ピンピンピンピンピンピン
ピンピンピンピンピンピン



………。



カテゴリ素材の通知オフとかにできなかったものでしょうか…。

Twitterで似たような報告が挙がっているかも?と思い、「ウィッシュリスト カテゴリ」で検索したら、似た思いをしている人がちょくちょく居るようです。

これは早めに直してほしいところ。






 き方の違い

22-07-16-21-38-06-127_deco
ワールドにも導入されていた、女性ハンター限定の
「モデル歩き」

重ね着の幅が広がったからこそ色々試して歩いてみたのですが、ライズのハンター、ずっとガニ股で歩くので歩かせたい欲は湧きません。
 
ですが、フィオレーネやヒノエミノト姉妹など盟勇はしっかり女性専用の立ち方、歩き方です。
…なんでハンターには実装せずなんだ…。
 
重ね着でオシャレするのって女性プレイヤーの方も多く、モデル歩きで映える装備もあるので、こういう細かいところをオミットしたのは良くないかなーと思ってしまいます。

DLCでいいから他のキャラクターの歩き方やアクションへ変更するのを導入してくれないかなぁ。
ボイスがあるんだしええやろ。






 フェクトについて

 

どの武器もそうですが、ライズのころから「ガスッ…ガスッ…」っと武器で「斬っている感」「金属音」の無いSE(サウンドエフェクト)がずっと気になっています。

 
 
ライズとワールドを比べるとわかりますが明らかに「ジャキン!」「ガシャッ…」っといった金属音やモンスターを斬るときの音が違います。

 
また、水場で超高出力を撃ったとき、ワールドは水しぶきが上がるのに対してライズは殆ど通常のエフェクト。多少しぶきはありますが、武器の叩きつけ部分だけのように見えます。

こういった細かい点が無くなったのはライズの悪いところだなぁと感じます。







 ャージアックス使いの不満

22-05-21-08-47-27-781_deco

鬼強化されたのにまだ文句があるのかと思う人もいるかもしれませんが、申し訳ない。

あります。

Aボタンの認識が先行する設定なのかわかりませんが、盾突き(X+A)のあと、更に超出力(X+A)を撃とうとすると斬り上げ(A)が暴発したり、ガードポイントによる変形ガード(X+ZR)を連発しようとすると斬り上げ(A)になったりします。

アイスボーンの感覚でやると確実に暴発します。



「ゆっくり押せや」
と思った他武器種使いの方。



その通りです。
ぐうの音も出ません。
ですが、このラグをもう二度と「仕様です」という言葉で諦めとうございません!

アイスボーンで「仕様です」と言われて諦めた過去を繰り返したくないというのが本音です。

どうか、どうか直して頂きたい。










 ンダムの参加要請について

2022y07m02d_173321796-e1656750812443


今作では、クエストボードから参加できる、他人のクエストへ参加可能な「参加要請」の中に「ランダム」という項目があります。
このランダム、正直クエストごとのランダムより、
モンスターごとのランダム
傀異化モンスターなら素材ごとのランダム
で参加させてほしいですね。

ライズの頃からそうでしたが、クエストがバラけすぎているため、参加しようとしてもなかなか参加できないのです…。









 善点が多くて良い感じ

しかし、そうは言っても

アイテムマイセットとショートカットの紐付け、
護石マカ錬金用のアイテムの導入、
強化モンスターによる武器や装飾品の作成、
新システム「疾替え」によるメリット享受のためのスキルの増加
などなど、今作でライズから改善された点が非常に多くて好印象なのも事実。

この調子でどんどんシステム面の改善をお願いしたいところ。




モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!
このエントリーをはてなブックマークに追加

1658872950995














 質なウルトラマン

ネットで真しやかに囁かれる「ウルトラマンデッカー、スフィア説」。

第1話から劇中で伏線らしきものがあからさまに散りばめられていました。

時系列順に伏線らしきところを見ていきましょうか。

■ウルトラマンと名乗らない

22-07-28-10-00-51-221_deco
自身をカナタへ「デッカー」だと自己紹介。
ウルトラマンであることは周りの人々から認識されていましたが、デッカー本人は1話から3話まで『自分はウルトラマンだ』とは言っていなかった記憶です。
 
 
 
■スフィアの中から出現
22-07-27-09-04-58-758_deco
スフィアに捕らわれ、自意識を失いそうになったカナタへ語りかけ、光の巨人として覚醒。スフィアを倒すための力をカナタに与えます。

 

■虹色の光
22-07-27-09-04-20-037_deco
22-07-28-10-01-05-421_deco
デッカーは出現時、虹色の光を纏いながら出現。
キングスフィアも虹色の光を放っています。


 
■キングスフィアの視点を共有?
22-07-27-09-04-06-731_deco
地球にいるはずのデッカー。なぜか宇宙にいるキングスフィアと似たような目線になっているように見えます。
スフィアは原作「ウルトラマンダイナ」では一つの共通した意識しか持たない宇宙生命体。
地球人の地球外進出を知的生命体の度が過ぎた行動として襲いかかってきます。
デッカーのスフィアがダイナのスフィアと同じ、「共通意識」を持っているかつ、デッカーがスフィアから生まれたウルトラマンであれば合点がいきます。

さて、時系列順だとこの辺りで一旦区切りでしょうか。
 
続いて、オモチャでわかったことが2点。

ディメンションカードに敷き詰められたハニカム

 スフィアは白と黒の斑点模様が敷き詰められたような見た目をしており、ディメンションカードもハニカム模様を敷き詰めたような見た目をしています。

理由としてはかなり弱いですが、念のため。



スフィアゴモラのデザイン
スフィアがゴモラと合体した事で変化した姿。困ったことにどうやらスフィアと合体しても自意識を失わなかった様子。

そして何より、通常のゴモラと違い、頭が変化、左胸にスフィアらしきものが貼り付いており、変化した箇所がダイナとデッカーの関係にそっくりです。
デッカーも頭や左胸に宇宙の模様のようなものがありましたよね。
 
これらの事実から、デッカーはかつてスフィア合成獣ゼルガノイドを通じてスフィアが吸収、共有しているうちに
1つの自意識が芽生えてしまった
「光」ではないか、という説です。
 
ウルトラマンR/Bのメイン監督である武居監督であるからこそ、こういった不可思議な謎解き要素を入れてくるのはあり得ないことではない、と思いました。





このエントリーをはてなブックマークに追加

1658917984514












 システム

■傀異錬成
20220721_215245
8月に実施される無料大型アップデート第1弾に登場予定の新システム。
このアップデートにて追加される新しい素材を用いて防具を強化できようです。




 加モンスター

■無料アップデート第1弾
  • 紅蓮滾るバゼルギウス
  • ナルガクルガ希少種

■無料アップデート第?弾
  • リオレイア希少種
  • リオレウス希少種
  • エスピナス亜種
  • タマミツネ亜種
  • エスピナス希少種
  • タマミツネ希少種
それぞれ、装備IDおよび、武器説明テキストから判明。
タマミツネ希少種においては武器に「この汚れのない神聖なる刃の一閃は、血に飢えた者の後に蝶を残す(意訳)」との記載がありますが、どんな属性を使うのかなどはここからはわかりません。







 の他ネタバレ情報

■護石について
システム上、護石のスロットは強いスキル2つでもLv4-1-1とかなり強力なものがつくことがデータマイニングからわかっています。今後、アップデートにて解禁されることが期待されます。


組み合わせとしては以下の通り。
第1スキルランク、第2スキルランク、スロット
の並びです。スキルの内容はプライベートページに記載していますので気になる方はご覧下さい。

S    S    4-1-1
S    A    4-1-1
S    B    4-1-1
S    C    4-1-1
S        4-1-1
A    S    4-1-1
A    A    4-1-1
A    B    4-1-1
A    C    4-1-1
A        4-1-1
B    S    4-1-1
B    A    4-1-1
B    B    4-2-1
B    C    4-2-1
B        4-2-1
C    S    4-1-1
C    A    4-1-1
C    B    4-2-1
C    C    4-2-1
C        4-2-1













モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1658743550357














 の秘境も一部公開

 

MH3デビューではありますが、友人から借りてプレイしただけなので実質MH3Gが初プレイの私にとっては特に思い出深いモンスターです。
BGMももちろん「秘境の伝説」です。懐かしい。

Screenshot_20220725-190925
新たに導入された、前足を叩きつける際のモーションで行う構えが非常にかっこいい。
 

Screenshot_20220725-190945
尻尾の毒針も健在です。当時毒無効のスキルを知らなかった私にとってかなり苦戦した技です。

 
Screenshot_20220725-191011
そして、月迅竜という名前もあってか新たに習得した大技「ムーンサルト」プレス。 
翻って尻尾を叩きつける新しいモーションです。





モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!
このエントリーをはてなブックマークに追加

1658737084310









 イッターからのリーク

既にツイートは削除されていますが、

下記の動画や様々な情報を見る限り、どうやらどこかのディスコードのサーバーにプレースホルダー(仮で題名を入力しておく、仮置き措置的なもの)が登録されていたようです。


そんなものが登録されているサーバー、どこから見つけたんでしょう…?
モンハンの公式ディスコなんてありましたっけ?

とにかく、そのディスコの開発者向けデータを解析、「Monster Hunter Paradise」のコードが見つかった様子。

そこには、Xbox、PS、PC向けのゲームであること以外特に記載はありませんでしたが、少なくとも
Paradise」というコードネームで新作モンハンが作成されているらしいというのはわかりました。

ていうかTwitterのこの人、自己紹介文にフランスとありますが、英語の訛りがフランス訛りじゃないように聞こえます(素人耳ですが…)。
 
なんとなくカタカナ英語…日本人の英語のように聞こえるんですよねぇ……




追記:どうやらガセだった模様


 
 
■モンハンのコードネーム
開発者間で一般人にバレないように話をしたり、タイトルがまだ決定していない際に設ける仮のタイトル名。
・モンハンワールド…「ワールド」
・モンハンワールドアイスボーン…「スラッガー」
・モンハンライズ…「SNOW」
 
なぜこんなことがわかるかと言いますと、
ワールドおよび、アイスボーンは以前「カプコンTV」というYouTubeの公式番組で
開発者である藤岡Dがアイスボーンをずっと「スラッガー」と言い間違えていたことから判明。
SNOWは…どこかで判明していましたが私も忘れてしまいました。

そもそもモンハンパラダイスの解析をしようと思い立った人たちは、2020年にどこからか流出した、下記のカプコン社内資料が解析へ乗り出したきっかけのようです。
 
 
22-07-25-17-59-26-342_deco

 

Capcom-leak

日本語でMH NS G、モンスターハンター6、モンスターハンターSNOWの文字列があることがわかります。
おそらくそれぞれ、サンブレイク(モンハンニンテンドースイッチGの略?)、ワールド系列のモンハン新作、ライズでしょうね。
 
Q1~4は、1年を4期に分けた、会社における四半期を表したもの。
だいたい日本だと4月~翌年3月末を1年としていますが、画像だと「FY(会計年度) 2021」という記載で表しています。
 
管理人的に曖昧なのは、この表にQ1~4の記載が7列ずつあるということ。

私の表の読み方が正しければですが、
FY2021記載がある(ゲームタイトルがかかれている)列の隣にある
最初のQ1~4が「2020年4月から2021年3月」、
2番目のQ1~4が「2021年4月から2022年3月」、
3番目のQ1~4が「2022年4月から2023年3月」、
4番目のQ1~4が「2023年4月から2024年3月」
となるのかな…?
 
であればサンブレイク(MH NS G)は本来なら3番目のQ1~4「2022年4月から2023年3月」に載るはずなので、
4番目のQ1~4「2023年4月から2024年3月」に数字の記載があるのを見ると、2020年の予定よりだいぶ早めに発売されていることになりますよね。

お気づきの人もいるかと思いますがこの表、
売り上げの予想…なのかもしれませんね。
正直こういった簿記の知識については疎い方なのであんまり理解が及んでません。


roadmap-ja-0628
また、サンブレイクのロードマップを鑑みるに、「モンスターハンター6」、いわゆる「ワールド系列」のモンハンは、表の通り4番目のQ1~4「2023年4月から2024年3月」のうちに発売される確率が高そうです。

Twitterからのリークがガセではあったものの、
サービスが終了したフロンティアの開発陣も合流していそうなのもあり、大分豪華な作品…
モンスターの「パラダイス」のような作品になっているかもしれません。







モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!
このエントリーをはてなブックマークに追加


1646883954294










 
 ームの概要


exosuits_bg-sp

以前、下記の記事でも軽く説明しましたが、
 

「ロール」という役割に特化したパワードスーツ「エグゾスーツ」を装着し、圧倒的な量で押し寄せる「恐竜災害」に立ち向かう、オンライン専用のチーム対抗PvEアクションゲームです。
 
2チームに分かれ、恐竜災害発生エリアにて、本作のサポートAI「リヴァイアサン」が提示する様々なミッションを相手のチームよりも早く達成できれば勝利となります。

時には対戦チームを直接攻撃して倒したり、時には共闘したりしながら、いち早くミッションを達成することが重要です。

同じカプコンでいえば、最初はモンハンの5人1組を組んだ状態で、相手の5人1組と「ジャギィ10体を討伐」というクエストをどっちが先にクリアするかを競い、
それらが終わったら突然、別の緊急クエストが発生、敵チームとも協力し10人全員でリオレウスを倒すクエストが発生したり、はたまた護衛対象の荷車を目標地点まで敵チーム5人から守り抜いて運びきる…なんてクエストが発生したりします。

モンハンは4人一組なので若干違いますが…

 
 

 
 

 グゾスーツのロール

■ロール

22-03-10-12-56-20-487_deco
 
▼各エグゾスーツの説明はこちらの記事参照

  
基本的にアサルト2人、タンク1人、サポート1人といった感じ。最前線にタンク、及び近接のアサルト、中間に中・遠距離のアサルト、後方(タンクの回復)にサポートが安定しました。

人によると思いますが、火力を出せる代わりに前線なため死にやすい近接のアサルトは引き際を弁えてないと死んで味方に迷惑をかけてしまい、難しかった印象。

特に、データバンクを運ぶ最終ミッション…上述した荷車を運ぶクエストは、
オーバーウォッチ経験者やMOBA系ゲームの経験者、スプラトゥーンのガチヤグラが得意な人はかなり得意なゲームモードだと思います。

また、10人協力モードはモンハン経験者はかなり遊びやすかったゲームモードの印象でした。

 




 竜災害

20220310_131304
「ボルテックス」と呼ばれる恐竜災害を引き起こす現象が各地で起き、人類はこの恐竜災害に、新世代AIのリヴァイアサンによる「恐竜予報」、最新鋭のパワードスーツ、エグゾスーツを用いて対抗しています。

序盤のほとんどがこのボルテックス…恐竜災害の鎮圧スピードを競うのですが、正直めちゃくちゃ重要なわけではなく、大事なのはこの後の最終ミッション
 
野良で遊ぶ場合、災害鎮圧はお互いがどのロールを使い、どういうゲームプレイを好むのかを把握するための時間になっていた気がします。

「あ、この人タンクうまいな。なら自分はこの人の回復役になろう。」
「サポート手厚くてワロタ。なら自分は近接アサルトで火力出すか」

という風に、チームメンバーにあわせてどのロールやキャラクターが良いのか考えるとスムーズにミッションが進みました。
 
高度な空気の読みあいが発生するのはご愛敬。
  

ベータテストはPC版のみのため、あんまりプレイできる人たちは少ないですが、遊べる人は今からでも申し込みしておくといいですよ。
かなり面白い作品になってます。

 
ちょっとお高いPC、steamとカプコンIDを持っている方は是非とも。


ゲームプレイ映像

  
Vtuber 常闇トワさんのプレイ配信
 






このエントリーをはてなブックマークに追加

20220422_220131














 4回の限定大会



開催日時

7/23(土)、7/24(日)の下記時間
  • 12:00-12:15
  • 22:00-22:15

出題数:全30問
制限時間:12分


▼知識を蓄えるならここ

なんだか面白そうな催し物が開催決定。
モンハンの休憩時間にさくっとやってみるのはどうでしょう?




このエントリーをはてなブックマークに追加

1659911437945










7/20(水)追記分:赤文字、プライベートページ作成
7/21(木)追記分:青文字
7/22(金)追記分:緑文字
7/23(土)追記分:緑文字


 び広がるネタバレ情報

内定ポケモンや新ポケモン、新ギミック等を記述した記事を出したあとにも、スカーレット/バイオレットの情報が数多くなだれ込んで来ています。

前記事でも記載しましたが、
情報を出している人物が複数人いるため、少し前に紹介した情報を「それは事実とは異なる」として否定している人もおり、私の方でなるべく情報は精査していますが、ちょくちょく内容が右往左往します。
その点についてはあしからず。


前回の記事



新ポケモンについて
▼新ポケモンのモチーフや情報
  • フラミンゴモチーフ
  • くさ・ほのおタイプの新ポケモン
  • 分類「しお(塩?)ポケモン」
  • つららモチーフ
  • エンジンモチーフ
  • 仮面ライダーモチーフ
  • フンコロガシモチーフ
  • カブトムシモチーフ
  • インコモチーフ
  • 唐辛子モチーフ
  • 2回進化するほのおタイプポケモン

▼その他の情報
  • フラミンゴモチーフは無進化ポケモン。かくとう・ひこうタイプ。
  • パモの進化形はひんしの手持ち1匹を復活させるPP1の技を覚える。ゲーム終盤でかなり役立つ。
  • パモ→パモ2(仮)→パモ3(仮)。パモは2回進化する。
  • ホゲータの進化形は頭から、トサカ状もしくは鳥の形をした炎が吹き出している。
  • イルカポケモンには驚きのヒミツがある。
  • しおポケモンは2回進化する。
  • つららモチーフのポケモンは1回進化する、こおりタイプのポケモン。
  • エンジンモチーフは1回進化する。
  • 前記事で紹介したハンマー使いのフェアリータイプポケモンは1回進化する。
  • 仮面ライダーモチーフはむし・かくとうタイプ。
  • インコモチーフは無進化。
  • フンコロガシモチーフからカブトムシモチーフへ進化する。
  • くさ・ほのおのポケモンは唐辛子モチーフのポケモンである可能性がある
  • 前記事で紹介したコインモチーフのポケモンは、人型に進化する。
  • ホゲータ3の専用わざは音技。







■既存ポケモンの進化について
▼新しくリージョン進化するポケモン
  • ジュゴン?
  • ドンファン?
  • ルクシオの進化形?
  • マラカッチ?
  • キリンリキ

▼その他の情報
  • 前記事にてリージョン進化はサボネアかノクタスだと思われたが、画像でマラカッチのシルエットが貼られていた為、サボテンポケモンの新進化の可能性としてマラカッチを記載。
  • ノコッチの進化はノコッチにそっくりだが、体が大きくなっている。ノーマルタイプ単体。
  • 前記事にてコマタナが進化するとされていたが、実際はコマタナ→キリキザン→新ポケモン…と進化する。
  • キリンリキは尻尾の頭がパーカーのフードのように前の頭に被さっている状態になっている。エスパータイプ単体。
  • オコリザルの進化形はゴースト・かくとうタイプ。(サンムーンの図鑑説明にもある通り死んで安らかな顔になっているかも?)








既存ポケモンの登場について
リストラされるポケモン
  • ギアル系列
  • トゲピー系列
  • ポリゴン系列
  • ゲノセクト
  • アルセウス
  • ドーブル
  • キバニア系列
  • イッシュ御三家

内定ポケモン
  • ケンタロス原種
  • ユキカブリ系列

リージョンフォーム情報
  • ケンタロス(パルデアのすがた1(仮))
  • ケンタロス(パルデアのすがた2(仮))
  • ケンタロス(パルデアのすがた3(仮))

その他の既存ポケモン情報
  • ケンタロス(パルデアのすがた(仮))がカラナクシやオドリドリのように三種類いる。それぞれタイプが違う。1匹はかくとうタイプ。










その他の情報
  • 新進化の石はない。
  • オヤブン個体は別の形で登場する。レジェンズアルセウスに引き続きポケモンの大きさシステムも続投
  • 特性「ダウンロード」が削除。ダウンロード持ちのポケモンがリストラされたため。
  • わざ覚えは「レジェンズアルセウス」と同じ方式。(一度覚えた技はいつでもどんなときでも思い出せる?)
  • ポケリフレ、ポケモンキャンプに続くふれあいシステムは「ポケモンピクニック」。シャワーで体を洗ったり、ポケモンのタマゴを入手できる。シャワーは嫌がるポケモンもいる。(もしピクニックがフィールドのどこでも可能な場合、ポケモンのタマゴをどこでも受け取れることになる。)
  • ロトムのカタログを以前の記事で紹介した「オークション」で入手できる?
  • 地図で見るとマップは狭いが、実際に歩くと広大で、ヒスイ地方の全マップを合計しても足りないほど大きい。(個人的主観らしいが…。)
  • パルデア地方マップに御三家の進化形のイラストが印刷されている。
  • 進化はレジェンズアルセウス方式。進化可能だと手持ちから進化が可能。(もたせて通信交換のポケモンたちの処遇は不明)
  • モンスターボール投げ、ポケモンボール投げはレジェンズアルセウスからオミット。今作は従来の捕獲方式。










「古代種」と「未来種」
『古代種(仮)』『未来種(仮)』とは、
名前も図鑑番号も違う、元のポケモンに似ているポケモンのこと。
目の色が違ったり、ちょっとした装飾があるだけで、見た目はそっくりそのまま同ポケモンだが、似て非なる種らしい。
これら古代種、未来種は進化できない代わりに高いステータスを持つとのこと。
名称は「パラドックスポケモン」らしい。


▼古代種(仮)がいるポケモン
  • ウルガモス
  • 第2世代ポケモンA(世代のみ判明)

▼未来種(仮)がいるポケモン
  • エルレイド
  • ウルガモス
  • 2世代ポケモンA(世代のみ判明)
  • 相撲のポケモンB(ハリテヤマ?)

 その他の情報
  • 古代種、未来種ともに共通の新しい特性を持っている。
  • 以前の記事で紹介した新たな「ハードコアな女王様」ポケモンは、実はエルレイド未来種のこと。サーナイトとエルレイドを組み合わせたような見た目をしている。また、アーチャーのような見た目をしている。
  • 以前の記事で紹介した古代種、未来種それぞれに、準伝説ポケモンが登場すると記載したが、実際はボーマンダとバンギラスのことである可能性が高い。海外では600族のことを「疑似伝説(Pseudo-Legendary)ポケモン」と呼ぶため、海外のリーカーがそれを日本語の準伝説と勘違いした可能性がある。
  • 未来種は全て「テツノ+○○○(種族名)」という情報。○○○(種族名)のところは、おそらくオリジナルの命名がされている可能性が高い。
  • 例:ウルガモス→テツノガモス(仮) 、ハリテヤマ→テツノハリテ(仮)
  • リーカーは相撲ポケモンBのことを「Arm Thrust Pokémon(つっぱりポケモン=ハリテヤマ)」と紹介。
  • プリン古代種、デリバード未来種はタイプに変化がない。
  • 古代種はスカーレット、未来種はバイオレットに出現する。
  • エンドコンテンツでパラドックスポケモンはたくさん入手可能。古代、未来どちらも手に入れられるかは不明。





■『もどきポケモン』
もどきポケモン(仮)とは、
古代・未来種とは違う、既存ポケモンたちに似た姿を持つ別のポケモンたちのこと。
例を挙げるなら、ダグトリオに似たポケモンがいる。あくまで似ているだけで全く別のポケモン。
正体はみずタイプの、ウナギのポケモンらしい。

収斂進化に近いものを感じますが、陸生のポケモンが水生だったり、水生のポケモンが陸生だったりするのは収斂進化とはまた別の事なので微妙に違う感じですね。
これら古代、未来、モドキ、結晶の4つの新要素。
タイトルロゴに4つのアイコンがあるのはこれらをさしているのかも?

▼登場予定のもどきポケモン(仮)














Pokémon LEGENDS アルセウス - Switch|オンラインコード版 (【ダウンロード版早期購入特典】引き換え時に「ヘビーボール」30個が受け取れるシリアルコード付き)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


22-07-21-05-44-04-994_deco











きなスキルを着ける

装備の条件を選びましょう。

22-07-21-05-39-49-122_deco




「お守り」のタブで、自分の持っている、スキル構築に有効そうなお守りを入力しましょう。
22-07-21-05-40-28-249_deco




続いて、つけたいスキルを選びます。
22-07-21-05-41-00-249_deco


追加スキルを検索。
他につけることが可能なスキルを探します。
22-07-21-05-42-05-678_deco





目当てのスキルがついた防具と装飾品とお守りをゲーム内で装着すれば完璧!
22-07-21-05-42-39-320_deco

スキルシミュレータはこちら▼



そこ!
「良いお守りがあればもっと良い装備組めたのに」とか言わない!



モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!


このエントリーをはてなブックマークに追加


1659911407809













7/15(金)追記:青文字
7/16(土)追記:オレンジ文字
7/18(月)追記:赤文字、プライベートページ作成
7/19(火)追記:緑文字




 タバレが大量に成される

以前のリージョンフォームやパモの進化形を記述した記事を出したあとにも、スカーレット/バイオレットの情報が英語で数多くなだれ込んで来ています。
また、情報を出している人物が複数人いるため、少し前に紹介した情報を「それは事実とは異なる」として否定している人もおり、私の方でなるべく情報は精査していますが、ちょくちょく内容が右往左往します。
その点についてはあしからず。


新ポケモンについて
▼新ポケモンのモチーフや情報
  • フラミンゴモチーフ
  • イルカモチーフ
  • 4匹の準伝説ポケモン
  • ハンマーを使うポケモン
  • 新しい犬モチーフポケモンが3匹登場。うち1匹は幽霊犬。
  • コインモチーフ
  • フェアリー(タイプの事か容姿の事かは不明)。
  • バイクモチーフ
  • 蜘蛛モチーフ
  • ダチョウモチーフ
  • ミミズモチーフ
  • カニモチーフ

▼その他の情報
  • コライドンとミライドンに「5つのギミック」は無い(以前情報として挙げられていたコラミラの5つのギミックの否定)
  • ハンマーを使う新ポケモンはピンク色の体色。フェアリー・???タイプ
  • パモの進化形はでんき・かくとうタイプ(画像は別記事に記載)
  • ミニーブはオリーブの木のような姿へ進化。
  • ホゲータの進化形は二足歩行ではない。
  • レックウザ、ギラティナのような第3の禁伝枠がいない。
  • 新ポケモンは古代、未来、もどきポケモンらを含めて120-140種ほど。
  • クワッスの最終進化は紳士のような姿になる
  • バイクモチーフはコラミラのことではない
  • ニャオハとその進化形の足の数:4-2-2
  • ホゲータとその進化形の足の数:2-2-4
  • クワッスとその進化形の足の数:2-2-2 
  • ダチョウモチーフはクレオパトラの髪型を連想させる。
  • レイドバトルは続投。マックスレイドではない?
  • 新しい3匹の犬モチーフは全員進化する。
 
準伝説が4匹という記載について、元情報では日本語で「準伝説:四つ」という書き方が成されていました。バイリンガルの方の可能性が高いですが、ワンチャン日本から情報が漏れている可能性もあります。



9/8(木)追記
カニモチーフの新ポケモン「ガケガニ」
img_04




 
 
■既存ポケモンの進化について
▼新しくリージョン進化するポケモン
  • ノコッチ
  • ヤミカラス
  • コマタナ
  • オコリザル
  • サボネアもしくはノクタス

▼その他の情報
  • 新イーブイ進化は無し
  • 新しい化石ポケモンは無し
  • ノコッチの進化形は飛ばない
  • 侍風ポケモンが登場。コマタナが進化するが、その姿が侍風なのでは?との噂。
  • コマタナは侍ではなく、チェスのルークをイメージした姿になるとも言われている。
 




 
既存ポケモンの登場について
リストラされるポケモン
  • バチュル系列
  • ヒンバス系列
  • ホエルコ系列
  • ダンバル系列
  • ムチュール系列
  • ゴビット系列
  • コロモリ系列
  • エイパム系列
  • ツツケラ系列
  • ホシガリス系列
  • ビッパ系列
  • カジッチュ系列
  • トリミアン
  • メテノ
  • ホウオウ
  • ルギア
ホウオウとルギアという、伝説のポケモンがリストラを受けるというのは若干信じがたいですが…一応記載はありました。



内定ポケモン
  • フカマル系列
  • ヒメグマ系列
  • ヌメラ系列
  • ヒマナッツ系列
  • ムウマ系列
  • デルビル系列
  • ドガース系列
  • スリープ系列
  • コイキング系列
  • イーブイ系列
  • コマタナ系列
  • マンキー系列
  • ロトム
  • ネッコアラ
  • ミミッキュ


リージョンフォーム情報
  • ケンタロス「パルデア(仮)のすがた」がある。以前、雄牛のポケモンがリージョンになると事前に情報があったため、その事かと思われる。  色は黒色。
  • リージョンフォームはケンタロスとウパー(別記事参照)のみ。


その他の既存ポケモン情報
  • ドードリオに「パルデア(仮)のすがた」は無い。おそらく質問者の中にドードリオ好きがいたたためドードリオがピンポイントで指摘されたと思われる。
  • メガシンカ無し
  • 「ヒスイのすがた」は全て内定しているわけではない
  • 化石ポケモンは全て内定しているわけではない。
  • ロトムの新フォルムがある
  • オヤブン続投の噂






その他の情報
  • 3つのシティ、9つのタウンが存在。
  • 地方図鑑は400種類以上
  • DLCあり
  • 新地方名は「パルデア地方」("P"okemon+スペインの町 Aldea )
  • サイドクエストがある
  • チャンピオンが男女いる。バージョン違いでチャンピオンが違う可能性がある
  • 御三家ポケモンは第9世代以外、ゲーム内で出現しない可能性が高い(ポケモンホームで送れるかどうかは不明)
  • ジムリーダーの挑戦順序は任意で変えられるが、スケーリングはされない模様。
  • ジムリーダーの再戦がある。
  • エンディングは3種類の「ルート/クエスト」を達成することで見られる。ちなみに過去、現在、未来のことではない。
  • 難易度変更なし
  • 四天王の復活
  • クラス、試験、面接などがある。
  • おそらくシンボルエンカウントの色違いはフィールドでわかるようになっている(ピカブイ、アルセウス方式)
  • 子供が四天王のひとりになる。それが主人公を指すのかライバルを指すのかは不明。
  • 自転車が無くなってコライドンまたはミライドンに乗ることになる。超スピードで走る、登る、泳ぐ、飛ぶ、すべて可能。
  • 釣りは無し
  • イーブイの「絆クエスト」的なものがある。
  • NPCと競う、アイテムを購入できるオークションのような催し物がある。
  • ジムリーダーはBWと同じく副職持ち。うち一人はスキー選手、一人は配信者。
  • ポケモンのタマゴはあるが、預け屋がなくなり、新しいシステムでタマゴが入手できる。
 






新ギミック「結晶化(仮)」
  • タイプが3つに増えたりはしない
  • 全ポケモンが使用できる
20220713_073928
どうやら、この結晶のようになっているのがこのギミックの特徴の様子。
この結晶化ギミックはダダリンの特性「はがねつかい」を全NPCトレーナー、全ポケモンが使えるようなシステム。

例えばポケモンAがみずタイプのパワーアップをするとポケモンAの弱点が増えることなく、技の威力だけを上げる(タイプ一致として出す)ことができるようです。
てもちに戻ることでこのギミックは解除されます。






「古代種」と「未来種」
画像にはモロバレルっぽいポケモンとプリンっぽいポケモンがいますが、これはリージョンフォームでも、進化でもない新たな概念(=システム?)です。
1657668483382
プリンっぽい奴は
『古代のポケモン(仮)』らしい。
これら古代のポケモンは、名前も図鑑番号も違う、プリンに似ているが、プリンとは全く別の似て非なるポケモン。
また、古代のポケモンだけではなく
『未来のポケモン(仮)もいるとのこと。
これら古代種、未来種は進化できない代わりに高いステータスを持つとのこと。


▼古代種(仮)がいるポケモン
  • モロバレル
  • プリン
  • ムウマ
  • とある準伝説ポケモン
  • ウルガモス
  • ボーマンダもしくはバンギラス

▼未来種(仮)がいるポケモン
  • デリバード
  • 「ハードコアな女王様」的なポケモン(名前をハッキリとは言わず。)
  • 古代種とは別のとある準伝説ポケモン
  • 5世代のとあるむしポケモン
  • エルレイド
  • ボーマンダもしくはバンギラス
 
その他の情報
  • 古代・未来どちらの種も持つポケモン
  • 古代・未来種になることで伝説のポケモンになったポケモン
 
古代種や未来種は進化しないとのことですが、いってしまえばアヤシシやガチグマなどヒスイのポケモンたちもいわば古代種なのかもと思いましたが、
あちらは完全にリージョンフォームと定義されてしまっているので別ポケモンである古代・未来種とは異なるのでしょうね。





■『もどきポケモン』
 
上記の未来の姿、古代の姿とは違う、もどきポケモン(仮)がいる。
例を挙げるなら、ダグトリオに似たポケモンがいる。あくまで似ているだけで全く別のポケモン。
正体はみずタイプの、ウナギのポケモンらしい。
なので、現実の生き物にもいる「~モドキ」という名前になぞらえて、システムの詳細判明までは「もどきポケモン(仮)」と呼称。
 
収斂進化に近いものを感じますが、陸生のポケモンが水生だったり、水生のポケモンが陸生だったりするのは収斂進化とはまた別の事なので微妙に違う感じですね。
これら古代、未来、モドキ、結晶の4つの新要素。
タイトルロゴに4つのアイコンがあるのはこれらをさしているのかも?

▼登場予定のもどきポケモン(仮)
  • ダグトリオもどき(みずタイプ)
  • ある海生ポケモンもどき。元ネタは海生だが、もどきは陸生のポケモン。
  • オムナイト?









Pokémon LEGENDS アルセウス - Switch|オンラインコード版 (【ダウンロード版早期購入特典】引き換え時に「ヘビーボール」30個が受け取れるシリアルコード付き)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ