となりのモンスター屋さん【となもん】(モンハン/ポケモン/特撮/ゲーム関連ブログ)

なりのモンスター屋さんへようこそ! ここはモンスターハンターや特撮など一部のカテゴリ好きな管理人が情報や雑感を投稿するブログです。 一部ネタバレ情報もありますので、最新情報を知りたい方は是非「ホーム画面に追加」して、ちょくちょく確認してみてくださいね

  • Twitter
  • RSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    original






     本性能

    ■ステータス(MAXは5)

    戦闘:3
    耐久:2.5
    機動:3.5
    得点:3
    補佐:0.5

    ■型
    近接・バランス型

    ■通常攻撃
    3回目が当たった相手を吹き飛ばす範囲攻撃になる。

    ■Rわざ
    でんこうせっか:ムーブわざ
    長押しすれば指定方向に移動ができるわざ。
    Lv5でしんそくかグロウパンチに入れ換えられる。
     →しんそく:ムーブわざ
     長押しすれば指定方向に移動ができるわざ。
     至近距離で当てると2回連続で使える。
     →グロウパンチ:ムーブわざ
     長押しすれば指定方向に移動ができるわざ。
     長押し時間が長いほど移動は遅くなるが、
     わざの威力が上がる。

    ■ZRわざ
    コメットパンチ:近接わざ
    特殊効果なし
    Lv7でボーンラッシュかインファイトに入れ換えることができる。
     →ボーンラッシュ:近接・ムーブわざ
     連続攻撃し、最後に青いホネを投げる。
     再度ZRを押すとホネが刺さった場所に
     突撃(ムーブ)し、近くの相手を攻撃する。
     アップグレードすると突撃したのち、
     Rわざの待ち(チャージ)時間がなくなる。
     →インファイト:近接わざ
     連続攻撃し、相手を突き飛ばす。

    ユナイトわざ(ウルト)
    フルフォースブラスト:遠隔
    直線状に巨大なはどうだんを放つ。相手に当たると次のグロウパンチのダメージを上げる。






     の紹介

    ■グロパンボンラ型

    火力と使いやすさを両立した型。
    基本的にはグロパンを撃ったのち、ボーンラッシュでグロパンの待ち時間を即回復し、戦線離脱か追撃を行う。


    ■グロパンインファ型
    火力特化型。
    グロパンとインファで連続KOを狙う型。
    晩熟なポケモンがジャングル(真ん中付近)でファーム(レベル上げ)している時などに前線を張る。


    ■しんそくボンラ型
    戦線離脱力に特化した型。
    火力はグロパンボンラ型やグロパンインファ型に劣るものの、すばやい戦線離脱や前への詰めが可能。

     
    ■しんそくインファ型
    クセの無い型。
    火力を出すならインファイト、戦線離脱ならしんそくと、わざの役割がかっちり別れている。
     
      
     
    この中だと、管理人はバランス型のポジションとなるグロパンボンラ、逃げ性能特化のしんそくボンラ型が使いやすいと感じました。
    Lv13(ほぼ終盤)にて得ることができるボーンラッシュのRわざ即時回復効果が立ち回りのしやすさに拍車をかけています。


     

    Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド

     今作はスイッチが大きな市場として展開するのかな?でも指示出しとかはスマホ版のほうがやり易そうだけども…どうなるんでしょうか。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1626733834533







     外にきつい?

    クリア後の要素で「竜の拠り地」というダンジョンがありますが、そのダンジョンに


    「弱点属性かつ、弱点武器でないとダメージがほぼ通らない」

    というゲキむずエリアがあります。

    そのエリア攻略の為に装備を整えようとしたのですがこれがまた中々に素材が無い。

    しょうがないので素材を集めるために探索しようとしたんですが、よく考えたら上位モンスターはフィールドエンカウントを竜の拠り地やモンスターの巣以外では出ないことに気がつきました…。

    特定のモンスター素材を集めるためにはどうしたらいいんだ…
    とググってここにたどり着いたあなた!朗報です!集める手段が見つかりました!





    1.トライアルクエスト
    379ed1af9aac6f87e2ae7a6881678d11
    クエストボードから受けられる条件付きクエストです。一度の報酬が若干少ないと感じるかもしれませんがガノトトスの素材や、ベリオロスなどの特定モンスター素材を手っ取り早く手に入れるには最適な手段。


    2.サブクエスト
    1626733319694
    クエストボードから受けられるクエスト。
    特定の上位モンスターを討伐してくれという依頼がありますが、それを受注することでフィールドに「上位サブクエストの巣」が出現し、巣の最奥で目的のモンスターと戦えます。
     
    ジンオウガ亜種や二つ名、古龍なんかはこちらを利用した方がいいかもしれません。

     
    大方の二つ名についてはルルシオンにいるNPC受付嬢から、
    二つ名リオレイアはヌアテ村の村長から、
    古龍についてはルルシオンの二つ名クエスト攻略後、書士隊本部のリリアからそれぞれクエストを受けることが可能です。
     
    これらをクリア後、再度受けるにはクエストボードから受注可能です。



    幸運のオフダと幸運のお祈りを使って、素材報酬を多くさせるのを忘れずに!






    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1623992490130






     承の儀を解放しよう

    ストーリーズ特有のシステム「伝承の儀」ですが、まずはそれを解放しましょう。


    体験版でのストーリーをクリアして、ルトゥ村でのストーリークエストを2、3個クリアすることで解放されるシステムです。

    system04_tab01_01

    同じマーク(パワー、スピード、テクニック)か、
    同じ色を1列揃えることで、ビンゴボーナスが発生してモンスターがさらに強くなります。

    その中でも特に注目するのが「アクティブスキル」です。

    アクティブスキルはいわゆる攻撃技です。
    戦闘中に使えるポケモンでいう技のことで、ノーダメージ戦闘の要になります。

    伝承させるべきアクティブスキルの条件は2つ。

    1つは覚えるモンスターとは別の系統かつ、消費絆ゲージが少ないスキルであること(パワー技主体ならスピードとテクニックのアクティブスキル)。
    もう1つは単体を対象にした攻撃技であること、です。

    伝承の儀で、これらの条件に当てはまるように技を覚えたモンスターは、ダブルアクションを連発しやすくなるため戦闘において非常に役立ちます。




     ブルアクションを狙う

    モンスターのクセを掴むことで、ノーダメージ戦闘が可能です。


    system01_01

    画像のようなナルガクルガは「スピード技を多く出す」モンスターです。

    system01_tab01_03

    こういったスピードモンスターにわざわざテクニックモンスターをぶつけることが多いかと思いますが、上記のようにテクニックのアクティブスキルを伝承させたモンスターはテクニックアクティブスキルを用いて、真っ向勝負に打ち勝つか、ダブルアクションでノーダメージ攻撃が可能です。

    system01_tab02_01

    「ダブルアクション」は真っ向勝負をするとき、自分のオトモンや共闘パートナーのオトモンと同じ系統(パワー、スピード、テクニック)の攻撃を使うことで発生する、ノーダメージで攻撃できる手段です。

    伝承させたオトモンスキルをガンガン使ってダブルアクションを発生させて、ノーダメ戦闘を狙っていきましょう。

    また、共闘パートナーや共闘オトモンに合わせて技を使い分けて、共闘パートナーも利用してノーダメ戦闘を目指しましょう。

    ちなみに、全体攻撃スキルやライダーの攻撃スキルはダブルアクションが発生しないため、ノーダメを狙う場合は注意してくださいね!

    また、相手の攻撃は「絆技」で強制キャンセルが出来ますので、動きを絶対に止めたい場合は絆技を使っていきましょう
    強力なダメージソースにもなり一石二鳥です。

    その代わり、絆ゲージ全消費のため次のターンは自発的にダブルアクションを狙えなくなるので使いどころは考えましょう…




     ンタン伝承スキル

    モンスター:

    ランマル(ドスランポス)
    非常に使いやすい初期オトモン。
    パーティーから外れていなければ一番レベルが高いであろうオトモン。
    飛行のフィールドアクションが入手出来る頃は防御力が足りなくなるため、中盤までしか活躍できないが、逆を言えば中盤までは彼だけでなんとかなる。


    パワー遺伝子:
    ロックスタンピード
    クルルヤックがLv8で解放する、無属性の単体攻撃スキル。クルルヤックを少しレベル上げして、覚えさせよう



    テクニック遺伝子:
    火球
    イャンクックがLv4で解放する、火属性の単体攻撃スキル。消費絆パワーも少なく、戦闘の序盤から使いやすい。





    これらを最初のうちは伝承させて、後々別の強い技へ入れ換えるのもアリです。 

     
     
     
     

    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。 
     
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1626224079984






     の古龍

    sA4LsMg3

    ■古龍種 アルトゥーラ
    凶光翼と呼ばれる6枚の翼を持つ古龍モンスター。
    翼に光る器官があり、翼に光を灯し、形態変化を繰り返しながら成長をしていきます。

    この光に当てられたモンスターは狂暴化し、暴れまわります。

    幼体時は殆どを地下で過ごし、巨大な穴を地上に開けて尾だけを出して獲物を探します。尾の部分が成体時の胴体部分と同等の大きさであり、この巨大な尾を用いてモンスターを捕食し、エネルギーを蓄えます。

    戦闘では、翼が2枚の通常状態はテクニック攻撃を得意とし、怒り状態になるとパワー攻撃を頻発します。

    翼が4枚及び、凶光翼を携えた6枚の通常状態ではスピード攻撃を得意としています。


    戦闘が彼の形態変化に合わせて3回に分けて行われますが、第2形態との戦闘である2回目以降は戦闘開始時に戦闘に出ているキャラクターのHPを必ず1にする必殺技を放つ為、最初は生命の粉塵などで回復をしなければいけません。

    胴体はどの武器も効きにくく、翼には基本的に突属性の武器(弓・ガンランス)が有効です。

    形態ごとに使用する技の属性が異なり、私の記憶が正しければ、
    雷→水・氷→龍
    の順で属性の変化が起きていたように見えます。
    彼の得意技「○○バレット」も形態ごとに「サンダーバレット」「アクアバレット」「アイスバレット」「ドラゴンバレット」と複数あります。
    少なくとも第2形態では雷属性の攻撃(カイルの弓)が有効でした。

    Lv40ほどあれば苦戦せず、程よい難易度で戦えます。少なくとも即死はしませんし、じゃんけんの傾向をしっかり掴み、オトモンと協力してダブルアクションでノーダメージ戦闘を心がけましょう。




     位モンスターがエグい件

    クリア後は上位モンスターの巣が出現し、名前が赤く表示された強力なモンスターと戦えます。

    素材もしっかり上位素材。

    ランポスの群れを倒しただけで6000近くの経験値が得ることができ(一掃攻撃が約1000経験値)、経験値がバカみたいに貰えます。

    その代わり、後半に登場したモンスターの上位モンスターは攻撃力や耐久力が半端無いことになっており、クリア直後のLv40程度の生半可な強さでは即死してしまうので要注意です。

    上位モンスターの巣から採れるレアなタマゴや虹レアのタマゴからは「○○遺伝子【特】」のような強力な絆遺伝子を持ったオトモンが生まれます。

    とりあえずレウスをこれでエグい強さに強化する目標ができました。





     タルアイルー

    経験値が12000手に入るメタルスライム枠のモンスター「大タルアイルー」。


    主にポモレ花園で見つけることができますが、基本的に大タル爆弾などの固定ダメージや防御力無視の技でしか倒すことができない上、すぐに「とんずら」で逃げ出すので、悠長にバトルはしてくれません。

    21-07-14-11-01-43-026_deco


    バカみたいに経験値が入るので、もう経験値稼ぎのためにオトモン探検隊を使う必要も無くなりそうです。

    オトモン探検隊は成長薬やオフダ集めに使って行きましょう!


     
     
     
     
      

    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0_l





     ームは良い部類なのに

    戦闘中持たせられる「もちもの」。

    課金すれば手に入る「チケット」で強化が可能で、お金を払う人ほど強くなることができます。




    あ ほ く さ 。




    こんなPay to Win方式誰が喜ぶん?
    子供相手の商売でもあるんやぞ。こんなゲスい商売すんなや。

    一部の中国人ユーザーからは「これじゃポケモンの名前ばっかりで中身は中国の悪いところを抽出した課金ゲーだ」みたいなことも言われて叩かれてますし。

    ポケモンユナイトってGoogle検索で一番上に出るのが公式サイトじゃなくて課金について異議を唱えるYahooの記事ってなんやねん。



    課金要素はあくまでも「ジェム」であり、もちものの強化アイテムは「エオスチケット」だから関係ないです!


    …は?

    じゃあそのエオスチケットはジェムで交換とかできない仕様なんだよな?
    出来ないってんなら課金要素とは関係ないって言えると思うけども。


    関係あるよなぁ?
    ジェムで買えるよなぁ!チケットがよ!


    リリースするとき何も思わんかったんか株ポケ。



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20210702_230005






     つ名が来るとは思わなんだ

    今回のスペシャルプログラムでおお~!となったのは二つ名モンスターおよび、アプデのロードマップ情報でしたね(笑)


    いやはや、二つ名がオトモンとは胸が熱くなります。

    ■白疾風ナルガクルガ
    pic_monster26

    ■金雷公ジンオウガ
    pic_monster27

    鏖魔ディアブロス
    pic_monster28

    ■紫毒姫リオレイア
    pic_monster30

    ■荒鍵爪ティガレックス
    pic_monster29



    どうやら初期から登場するのはこの5体のようです。



    pic_monster33
    イヴェルカーナのCGイラストも公開されました。
    本編と遜色ない神々しさですね…

    20210702_230005


    ロードマップを見るかぎり、マム・タロトをはじめとしてだいぶワクワクする内容でしたので、エンディング後もだいぶ楽しめそうですよ!ポケモンユナイト、ストーリーズ2、Apexなど今年の夏は豊作ですねぇ!


    声優さんの名演技も見れるスペシャルプログラムは
    下記の動画URLからどうぞ!








    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0_l



     
     
     ンクは厳しい世界


    2021062623470000-8EB124058E3FEBF7F37C648A606E365B

    2021062700022500-8EB124058E3FEBF7F37C648A606E365B


    3日間に及ぶポケモンユナイトベータテストの結果は、ハイパーランクで幕を閉じました。

    MOBA初体験の私としては3日ではハイパー止まりでしたが、リーグオブレジェンドをはじめとするMOBAゲーム経験者はもっと上位へ行けたのではないでしょうか。

    やっていて学んだのはいわゆる「弱いポケモン」をピックする(選ぶ)と勝率がガクっと落ちる、ということと、押し引きのタイミングをミスるとボコボコにされるということでした。

    そして、基本的にはどのポケモンも弱くはなく、しっかりチームにアタック、バランス、ディフェンス、スピード、サポートがバランスよく入っていれば勝ちやすくはありました。

    ですが、「ゲンガー」と「プクリン」はチームにいてもあまり有用なピックと感じることは出来ませんでしたね。

    それぞれバランスやアタックというようなポケモンの型以外にもそれぞれ特徴があり、
    2段階進化のポケモン、特にリザードン、ガブリアス、カイリキー、エースバーンは大器晩成型と言っても過言では無く、高火力ではありますが進化しきってからではないと力不足となってしまうことが多いと感じました。


    本当の意味で使いやすいバランスをしているのはルカリオでしたね。でんこうせっか(しんそく)で戦線離脱も可能ですし、ボーンラッシュも撹乱として戦闘に使いやすいバランスの取れたポケモンでした。


    そして、行動阻害わざ持ちのポケモンである、ピカチュウ、カビゴン、アローラキュウコンなどはパーティーに2匹いると、固めてタコ殴りに出来るため非常に重宝されましたね。


    と、まあ一部のポケモンを除けばバランスのよいゲームだったのかなと思います。


     
     

     満点

    満足できるゲームではありましたが、非常に人格や口の悪さに影響を及ぼすゲーム性です。


    大逆転などはあり得ず、力の差があると蹂躙され尽くされます。サンダー出現まで2分以上あるのに相手のゴールは破壊できていない上こっちのゴールは残り2つとかになったらもう諦めましょう。無理です。

    降参するまでの手順が分かりにくく、操作しにくいため、蹂躙された際にすぐ対応ができません。ここは直すべきかと思いますね。

    +ボタンでメンバー情報を開き、そこから-ボタンで設定画面へ遷移。
    Xボタンから降参が可能です。

    あと、「ナイスゴール!」のアナウンス。敵がゴールしたものもアナウンスするため非常に不愉快。

    こちらがゴールした際だけで充分です。
    誰だこんな仕様にした奴は。

    あと、メインメニュー下の「ポケモン」から持ち物の設定へ飛べないのが不便。そしてもちものを装備させたりアップグレードする画面でもそれぞれポケモンに持たせる画面へ遷移する順が不便。
    ここのUIはもっと簡素に分かりやすく変更すべきだと思います。





     
     

    Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド

     今作はスイッチが大きな市場として展開するのかな?でも指示出しとかはスマホ版のほうがやり易そうだけども…どうなるんでしょうか。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault







     ナの距離


    今作のメインヒロインであるエナ。

    ハンターたちから逃げ、護りレウスのもとへたどり着きます。

    意外だったのは凶光化による凶暴化現象が護りレウスの身にも起きたということ。

    ライバルポジションのカイルがお父さんを傷つけられたことで敵対心を抱くのは仕方の無いことなのかもしれません。

    アイルーのツキノがカイルの部下のような扱いをされていたのもまた意外。


    前作もそうでしたが、ワクワクより不安の勝る物語の始まり方ですね…。






     行体験の映像


    YouTubeにて、企業やYouTuberたちによる先行体験のプレイ動画が公開されました。

    一気に孵化させる機能や、ビンの王冠によるアイテム交換システムなど、前作にはない便利機能が多く紹介されていました。

    ストーリーの映像の一部が公開され、エナの距離の近さがムービーで垣間見えましたが、普通の男であれば勘違いしてしまいそうな距離感であることは間違いなしですね。

    竜人ってみんなこうなんでしょうか…?






     
    あわせてよみたい

     
      
     
     
     
     
      
    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1623992490130






     イスボーンまで来たか


     
     

    カプコン公式チャンネルにて公開された、モンスターハンターストーリーズ2のCMです。

    イヴェルカーナの登場が世界観編のCMで明らかとなりました。

    ストーリーズといえば、2種の新古龍が登場したことでプレイヤーの間では大きく話題となりましたが、今回も新モンスターが登場するのでしょうか?


     


     
    あわせてよみたい
     
     
    あわせてみたい
     
     
     
     
     
      
    最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    640





     画では…

    今度は何の影響を受けたんだね?管理人くん。








    あー…えっと…先日配信された海洋サバイバルゲーム「サブノーティカ」の新作と、「ARK」の新マップ、そして映画「モンスターハンター」です…



     というのも、サバイバルという極限環境から徐々に環境が潤っていくというゲーム性はモンスターハンターと実は合っているのではないかという考えたんです。

    ということで次のモンハンは、不慮の事故からサバイバルをする羽目となった鍛冶師兼ハンターの主人公を操作するゲーム、というのはどうでしょう?

    なぜ「鍛冶師」なのか。
    これは、モンハンが武器や防具を作ってなんぼ、武器でモンスターを狩ってなんぼのゲームなため、自分で作れる設定の方が良いと考えたためです。


     
     
     
     
      バイバルになるまで

     専業ハンターや主人公のような鍛冶師、編纂者など様々な役職の者を乗せた数隻の飛行船で、空を渡る所から物語が始まります。


    目的地の陸地が近付いてきたところで、謎のモンスター「達」による襲撃で船は離ればなれ、主人公とオトモは船から投げ出されますが、咄嗟にスリンガーを使い、なんとか不時着。

    目的の陸地らしき場所に着いたは良いものの、仲間たちとはぐれてしまいます。

    主人公とオトモは、不時着場所を簡易拠点にして、そこから徐々に活動範囲を広げ、サバイバルしながら仲間を探すことになります。







     

     ンハンとサバイバル

     モンハン世界ではギルドが管理する地域において、勝手な狩猟は許されていません。


    しかし、今回の主人公は命懸けで「拠点」を目指しているわけなのでやむを得ず狩猟している、という設定になれば、世界観警察も納得がいくでしょう。

    モンハンワールドにおいてゲーム開始直後、古代樹の森の初期キャンプからアステラまでチュートリアルがありましたが、あれがめちゃくちゃ引き伸ばされたような感じと思ってもらえれば幸いです。

    最初はオトモと自分の二人のみ。

    ポータブル3rdやクロスでは倒木の剥ぎ取りが可能でしたが、今回は武器攻撃による伐採が可能なオブジェクトをいくつか用意して、そのオブジェクトを破壊、倒木や破砕された岩石、竜の骨などの素材を使って簡易的な拠点(キャンプ)作成や、拠点強化の素材集め、モンスターの素材を用いた武器防具作成等を行っていきます。

    最序盤は竜骨をそのままつかった「骨(太刀)」を武器にして探索開始です。







     バイバルモード

    システムとしては、2つのモードを用意します。
    1つはサバイバルモード
    もう1つはギルドモードです。

    サバイバルモードは、上記の「モンハンとサバイバル」の項目のような流れから物語開始から半強制的に始まります。
    このモードだと、従来のHPゲージとスタミナゲージがありますが、スタミナゲージの幅が一定水準を下回るとHPが徐々に減り、力尽きてしまうようになります。
    こんがり肉や食事を用意してくれる仲間と合流して簡易拠点(キャンプ)で食事を取り、ゲージ管理を行います。

    ギルドモードは、物語の中盤に拠点が完成し、ギルドとのやりとりができるようになることで遊べるモードです。クエストを受注し狩猟生活を送る、従来のモンハンです。

    拠点完成後の中盤から、サバイバルモードは
    「長期クエスト」
    という形式で登場するようになります。


    長期クエストは、MH4等で導入された未知の樹海的な、ランダム形成のフィールドで、研究者や編纂者、行商人を連れ、生態系やモンスターの調査を行います。

    このクエストでの主な目的は、モンスターを狩猟して素材を集めるだけではなく、このランダムフィールドでのみ手に入る素材を用いてキャンプを作成したり、食材を集めてオトモにネコ飯を作ってもらったりすることも、この長期クエスト(サバイバルモード)の醍醐味です。

    簡易キャンプを作ると、そこにNPC(研究者や編纂者、行商人)が現れます。
    ここでしか聞けないモンスターに関する生態情報や豆知識などを研究者や編纂者が喋ります。また、NPCの一人である行商人は、数に限りがありますが回復薬や怪力の種などの役立つ物を売ってくれます。

    これらは、サバイバルモードを楽しんでもらうための要素の1つでもあります。

    また、長期クエストではクエスト時間や、指定されたモンスターとの接触期間が長期化すればするほど報酬が豪華になる特徴があります。


    まとめると、
    ランダム生成フィールドをモンスターを狩りつつ、木などの素材を集めつつサバイバルで生き抜く長期クエスト
    です。



    てな感じで、ストーリーの中盤、そして新たなクエスト形式としてのサバイバルモードモンハンです。


    少しでも似たようなのが出たら良いなぁ…





    あわせてよみたい

     
     
    あわせてみたい
     
     
     
      
    また、最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  
    21-04-06-10-13-41-003_deco
    自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

     
     
    あと、ライズ発売日にカプコンから「ハンティングデータ」というガイドブック的なものが出たようです。

     
     
     







    このページのトップヘ