Screenshot_16-1024x576







 盤のストーリー

The typical ‘Welcome to the world of Pokémon’ introduction involving a professor is replaced with a speech from Chairman Rose, during a television broadcast.

(ゲームを始めた直後に)博士が言う代表的な言葉である「ポケットモンスターの  せかいへ  ようこそ!」は、テレビに映るローズ会長からのスピーチに置き換えられている。

character_190708_01_01




Galar Champion Leon also battles an unnamed Trainer, and has his Charizard Gigantamax just before the broadcast ends.

この放送はガラルチャンピオンのダンデが無名のトレーナーと戦い、キョダイマックスリザードンをチラ見せして終わる。







The first town you travel to is called Wedgehurst. You obtain your Starter from Champion Leon, and then battle your rival Hop (Leon’s brother). He has a Wooloo and the Starter weak to yours.

最初に旅する町はWedgehurstという。 チャンピオンのダンデから最初の3匹を入手し、ライバルのホップ(ダンデの弟)と戦う。
彼はウールーと主人公の最初のポケモンに弱い相性のポケモンを持っている。

sketch-1559794484482






After winning the battle, it’s time to head back to Wedgehurst – this time to visit Professor Magnolia’s lab.
However, upon leaving, a Wooloo has broken through the fence by your house, so you must wander into the eerie Slumbering Weald to find it.

バトルに勝った後、Wedgehurstに戻る。
次はマグノリア博士の研究室を訪問することとなる。
研究室を後にすると、ウールーが家のフェンスを壊し、それを連れ戻すために不気味なSlumbering Wealdに行かなければならなくなる。

1571497700-1






Afterwards you travel to the Slumbering Weald (a forest) to rescue a loose Wooloo, and encounter an unnamed Pokémon during the trip.

Slumbering Weald(森)に行き、ウールーを助けたのち、途中で名前のないポケモンに遭遇する。








In the foggy Slumbering Weald, I run into a couple different types of new Pokémon, which I unfortunately can’t talk about.
As I venture deeper into the woods, a mysterious creature appears before me. While I can’t spoil what happens, I eventually exit the Slumbering Weald, Wooloo by my side, and am back on track toward Wedgehurst.

霧のかかったSlumbering Wealdで、数種類の新しいポケモンに出くわすが、残念ながらそれらのポケモンについては話せない。 
(ウールーを助けたあと)森の奥深くに行くと、神秘的なポケモンが現れる。 
イベントで何かできるわけではないがSlumbering Wealdを出て、Wedgehurstに戻ることになる。




 You then go to Professor Magnolia’s lab but only find Sonia there, and have to travel through a Route north afterwards to meet the professor.

その後、マグノリア博士の研究室に行くが、そこには博士がおらず、ソニアだけがいる。その後博士と会うためには北のルートを旅する必要がある。

character_190605_05_01




On talking to her and Leon, and battling Hop again, you then gain endorsement to take on the Gym challenge.

ソニアとダンデと話をし、再びホップと戦うと、ジムチャレンジの推薦状を手にいれる。





Afterwards, you travel through the Wild Area to reach Motostoke, the first big city. 
You can already partake in a Raid Battle in the Wild Area.

その後、ワイルドエリアを旅して、最初の大都市であるMotostokeに到着。
この時点で既にワイルドエリアでのマックスレイドバトルに参加できる。








 現ポケモン

We’ve noticed a bunch of previous generation Pokémon in the video not yet seen in Galar – Vullaby, Swinub, Dhelmise, Drampa, and Xatu. Lotad (confirmed months ago) seems to be available very early on as well.

ガラル地方には、PVにはいなかった過去のポケモンがたくさんいることに気づいた。
バルチャイ、ウリムー、ダダリン、ジジーロン、ネイティオなどだ。
ハスボー(数か月前に確認済み)も非常に早い段階で出会えるようだ。






There’s at least “a couple” different types of new Pokémon in the Slumbering Weald, and at least seven species of Pokémon in the Route between then and meeting the Professor (one being Yamper).

Slumbering Wealdには少なくとも「カップル」の異なるタイプの新しいポケモンがおり、博士と会うまでのルートには少なくとも7種のポケモンがいる(うち1匹はワンパチ)







One site reported that they didn’t encounter past generation Pokémon for over 80 minutes – presumably until they reached the Wild Area.

あるサイトでは、80分間以上、過去の世代のポケモンに出会わなかった(新ポケモンばかりだった)と報告された。
おそらくだが、ワイルドエリアに到達するまでの時点で、である。






Some Pokémon will have a yellow aura around them in the overworld. These Pokémon have perks, such as a couple perfect stats, and/or Egg Moves.

いくつかのポケモンは通常マップで、周りに黄色のオーラを纏っている。 これらのポケモンには、完璧な個体値が備わっていたりタマゴわざを覚えている





 イルドエリア

The Wild Area has been estimated to be roughly the size of “two regions of Legend of Zelda: Breath of the Wild‘s world”. 

ワイルドエリアは、ほぼ「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの地域2つ分」のサイズと推定されている。






It’s not all accessible from the beginning, however.
Cliffs and water block off areas, for instance. Other areas have Pokémon of much higher level, some as high as 40 – while you can battle them with your team around level 10 or so, you can’t catch them.

ただし、最初からすべてにアクセスできるわけではない。
たとえば、崖や水がエリアを遮っている。 
他のエリアでは、ポケモンのレベルがはるかに高く、一部はLv40。レベル10前後のてもちで「たたかう」ことはできるが、捕まえることはできない。






You can see other players run around as well in real time.

他のプレイヤーがリアルタイムで走り回っているのを見ることができる。






Wild Raid Pokémon have exclusive moves that normal Pokémon can’t learn, e.g. a move that disables all Abilities
Only one Trainer can Dynamax straight away, while others can charge it up.

野生のレイドポケモンには、通常のポケモンが覚えられない専用の、「すべての能力を無効にするわざ」がある。
ダイマックスを使用できるトレーナーは1人だけで、他のトレーナーは温存できる。






 “Watts” are some sort of energy currency tied to Raids and the Wild Area, which can be exchanged for camping gear, items, and cooking ingredients.
 Raids will reward items to better train your Pokémon.

Watts」は、マックスレイドバトルとワイルドエリアに関連した、ある種のエネルギー通貨で、キャンプ用品やアイテム、調理材料と交換できる。
マックスレイドバトルは報酬としてポケモンをよりよく鍛えるためのアイテムがもらえる。








 の他

A common mention across these previews is that the game is less tutorial heavy than generation seven titles, which will surely be a welcome change to more veteran players.

今回の体験会に共通するレビューは「第7世代のタイトルよりもチュートリアルが少ない」というもの。これは多くのベテランプレイヤーにとって嬉しい変化だろう。






The Pokédex has an integrated minimap that also informs you which Pokémon are in a certain Route or area. 
Such a feature in the Pokédex was only previously seen in Pokémon Black 2 and White 2.

ポケモン図鑑には、どのポケモンが特定のどうろまたはエリアにいるかを教えてくれるミニマップがある。
ポケモン図鑑のこのような機能は、以前はポケモンブラック2ホワイト2以来となる。







For the Wild Area, you have a portable PC Box, like in Pokémon Let’s Go, Pikachu and Eevee.

ワイルドエリアには、ピカブイにあった携帯ポケモンボックスがある。






Exp. benefits lower levelled Pokémon more than higher levelled Pokémon.

Catching Pokémon gives you experience, and each encounter splits the XP between your entire team automatically. You can also whistle to attract wild Pokémon to your position.

経験値について。 高いレベルのポケモンよりも低いレベルのポケモンに多く入る。

ポケモンを捕まえると経験値が得られ、そのたびに経験値がてもち全体に自動的に分配される。 野生のポケモンを自分の位置に引き寄せるために指笛を吹くこともできる。






Swift returns as a TM (Technical Machine). TMs are multi-use.

わざ「スピードスター」はわざマシンになる。色々なポケモンに使える。






Pokémon Centres all have an NPC functioning as the Name Rater, Move Deleter, and IV Checker. Three jobs in one!

すべてのポケモンセンターには姓名判断、わざわすれ、および個体値チェッカー、3つの機能がひとりに統合されたNPCがいる。  






Character customisation is limited at the start, but clothing options from shops is quite good.
You can save right before choosing your Starter.

主人公の服のカスタマイズは最初は限られているが、ショップの服はかなり良い出来。
最初の3匹は選択する直前にセーブできる。