1619853838402








 なさんご存知

ヌシモンスターは攻撃やモーションの大半が二つ名モンスターの流用です。


流用ということは、このあと出てくるモンスターや、今後発売されるであろうMHRiseG(仮)に登場するモンスターも予想できます。

現状登場しているモンスターで二つ名が残っているのはウルクスス、ジンオウガ、ナルガクルガです。

なかでもジンオウガは、
修練場の壁画にジンオウガらしきモンスターの絵があるので、これを踏まえて考えると登場する確率がかなり高いです。

ということでライズに出るとするなら、
残りのヌシモンスターは
ヌシ・ジンオウガ
であると考えられます。





 かの二つ名から予想する          

未だに出てきていないモンスターで、

二つ名を持っているモンスターはまだまだ沢山います。

二つ名をもつモンスターは以下の通り。

・ディノバルド
・ライゼクス
・ガムート
・ダイミョウザザミ
・ショウグンギザミ
・テツカブラ
・イャンガルルガ
・ホロロホルル
・ナルガクルガ
・ウルクスス


ディノバルドとイャンガルルガはアイスボーンですでに登場済みのため、モデル流用の面から出る確率は高いと思われますが、

ジンオウガなどはワールド系列でリメイクされたにも関わらずワールドのモデルではなく、従来作品の特徴のモデルで登場しました。

 
これは、ライズの開発がほぼワールドと同時期であり、アイスボーンのジンオウガモデル制作が始まる頃には既にライズの開発で旧大陸モデルのジンオウガが作られていたからだと思われます。


このように、ライズではワールドで用意されたモデルのモンスターと従来のモデルのモンスターが混在していますが、
ライズにて再登場したモンスター(アオアシラ、ウルクスス、フルフル、オオナズチ等)はワールド系列に登場したモンスターのように、大幅な容姿の変更点がありません。

なので、今後再登場するモンスターは見た目の変更はほぼなく、従来のモデルに「毛がなびく物理演算」や「リアルなテクスチャ」が施された「懐かしさを感じる見た目」になっていると思われます。

そして、ヌシモンスターは
二つ名のモーションを多く取り入れている…という感じになりそうです。

上記の一覧からどれだけ出てくるか、楽しみですね。


 


余談になりますが、ゴジラ映画をよく見る人には通じるかも。
ワールド系列のモンスターは「GODZILLA(2014)」や「GODZILLA King of Monsters」のようなアメリカナイズされた感じ、
ライズは日本のモンスターをまんまブラッシュアップさせた感じ…という感覚です。私的には。

なのでゴジラKOMのギドラやラドンが好きな人は、
ワールド系列のモンスターも好きになるでしょうね。



 

 

あわせてみたい
 



 
また、最近Kindleでモンハンの設定本やこういった考察本を読んでるんですが、これがまたおもしれーんですわ。  

21-04-06-10-13-41-003_deco

自分の購入履歴見てみるとこういうの好きだとは思う。

 
あと、ライズ発売日にカプコンから「ハンティングデータ」というガイドブック的なものが出たようです。
モンスター、武器、防具、フィールドなどのデータ特化型攻略本だそうな。