1656423935013













 モンスター・復活モンスター

monster15_main-sp
怨虎竜
怨嗟響めくマガイマガド
読みは「えんさ どよめくマガイマガド」。より禍々しい姿へと変貌を遂げた怨虎竜 マガイマガドの特殊個体。
monster15_img01
常に全身を鬼火で覆われ、より大きく発達した腕刃と、さらに堅牢となった甲殻を備えます。
monster15

鬼火を高密度に圧縮して刃のように振るう姿も目撃されています。
また通常の個体と違い、左右に伸びる角の片方が極端に短くなっており、加えて折れた角側の目は何者かに襲われたのか傷で塞がってしまっています。
彼が怨嗟の炎をを纏うようになったのは、この傷が原因かもしれません。



monster14_main-sp
天廻龍
シャガルマガラ
ゴア・マガラが成長、脱皮した姿。
輝く甲殻と大きな翼を持ち、神々しいほど美しい姿をした、「天廻龍(てんかいりゅう)」の別名を持つ古龍。
monster14_img03
かつては、山を一つ覆うほど広範囲に黒い鱗粉をまき散らした結果、その一帯の生き物がその鱗粉の影響により絶滅してしまったといいます。
1656430108195
鱗粉には生殖機能も備わっており、吸った生物が息絶えるとその死体を栄養分とし、幼体が生まれてきます。加えて脱皮間際のゴア・マガラの成長阻害機能も備わっており、成長が阻害されたゴアは余命が短くなってしまいます。





monster16_main-sp
金獅子
激昂したラージャン
本来ならば黄金の体毛に包まれた興奮状態は
エネルギーの消耗を防ぐため一定時間で黒毛の姿へ戻りますが、リミッターの役割を担う尻尾を何らかの影響で失っており、制御ができなくなってしまった個体。
monster16_img01
腕を硬化させる「闘気硬化」を解除するには通常個体であれば尻尾を攻撃して怯ませるといいのですが、この個体は頭を攻撃して怯ませなければ硬化は解除されません。

monster16

また、怒りが最大に達すると「激昂状態」となり、たてがみは雷を纏い逆立ち、羅刹の如く全てを破壊します。





main-2
爆鱗竜
紅蓮滾るバゼルギウス
通常個体を越えた爆発力を持つバゼルギウスの特殊個体です。
ほぼ常に爆鱗が赤熱化しており、ここから更に高熱になることで「紅蓮化」し、爆鱗がうっすらと紫がかった白いものへと変化、1つの爆鱗ですら非常に危険な破壊力をもつものへなります。
 
roadmap-ja-0628
ロードマップによれば、アップデート第1弾にて、ルナルガと共に追加されます。








 いコウモリ

1656436028888
メル・ゼナの体の周りに貼り付いている、翼を持ったコウモリのような、ヒルのような生き物。
メルゼナの補食行動の際にメルゼナ本人に代わり獲物の精気(血液?)を奪い取ります。
 
22-06-29-06-02-50-338_deco
22-06-29-06-03-08-315_deco
PV4ではメルゼナのみならず、通常モンスターの側を飛び、部位の一部を赤く染めるような能力らしきものを見せていました。
 
20220630_000350
このような状態になったモンスターを「傀異化」と呼称するそうです。読みは、わかりませんね…。
怪異と掛けて「かいいか」…でしょうか。


22-06-29-06-03-01-700_deco
液状化した地面から現れた腕の側にも飛んでいます。




モンハンライズを持っていない人は下記のようなセット版を、ライズを既に持っている人は、更に下のダウンロードコンテンツとしてサンブレイクを購入する形になります。
購入時はお間違えの無いように!