1702651773276












   

 ロの悲報

img04
今作で出現するすべての伝説のポケモンに「色違いブロックルーチン(色違いを出現させないようにするシステム)」が導入されていました。

そこでDLC「ゼロの秘宝:後編・藍の円盤」についたアダ名は「ゼロの悲報」。

ダクマ、ブリザポス、レイスポスなど色違いが自分の手で捕まえられる初の機会になるかと思われましたがことごとくブロックルーチンが組み込まれていましたね。

まさにプレイヤーに「悲報」をお届けしています。

これ対して、SNSで製作会社のゲームフリーク(通称:ゲーフリ)への批判が殺到。一時は「ブロックルーチン」や「ゲーフリ」がトレンド入りする事態になりました。


そして「ブロックルーチンの件でゲーフリを批判する人たち」を批判し出したり、皮肉を言って自治し出す人が現れる、という流れができています。

そんな皮肉を言う人ほどアクティビティ(表示回数)の割には「いいね」が押されていないというのは「少数派ほど声がでかいだけ」という世の理を表しているように思えますね。

20220316195606
これまでの作品で、過去作の伝説のポケモンは色違いが出現可能であることが多かったのですが、LEGENDSアルセウス(PLA)と今作(SV)の伝説ポケモンは全て色違いが出ないようになっています。

1702901479345
ただPLAは、直近で発売されたBDSPにおいて第4世代までの色違いを入手可能だった為あまり気にならなかったのと、ラブトロス初登場によるインパクト等で、おじ3たちの色違い入手不可はあまり気にならなかったというのが私の中での評価です。

ただでさえストーリー面が賛否両論な「藍の円盤」ですが、色違いブロックルーチンが評価の低下を倍プッシュしているように思えます。

システム、処理性能、仕様など諸々の評価がアレだったポケモンSVでしたが、ここで更に評価をアレしてくるあたり、別の記事でも言いましたが、良くも悪くもポケモンの製作会社がゲームフリークであるというのを改めて感じましたね。









 
ポケットモンスター スカーレット+ゼロの秘宝 -Switch (【購入特典】モンスターボール 100個 同梱)