となりのモンスター屋さん【となもん】(モンハン/ポケモン/特撮/ゲーム関連ブログ)

なりのモンスター屋さんへようこそ! ここはモンスターハンターや特撮など一部のカテゴリ好きな管理人が情報や雑感を投稿するブログです。 一部ネタバレ情報もありますので、最新情報を知りたい方は是非「ホーム画面に追加」して、ちょくちょく確認してみてくださいね

  • Twitter
  • RSS

    ポケモン図鑑

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1645972839049











     んな進化を遂げる…?

    ill_pokemon_01_l

    ニャオハ
    分類:くさねこポケモン
    タイプ:くさ
    特性:しんりょく
     
    きまぐれで甘えん坊な性格。
    ストレートに可愛い系のビジュアルですが、こういう子に限ってムキムキの2足歩行になったり、
    女性的な見た目に進化したりと意外性に富んでいたりする。
    御三家では2回目の猫ポケモン。

     


    ill_pokemon_02_l

    ホゲータ
    分類:ほのおワニポケモン
    タイプ:ほのお
    特性:もうか
     
    のんびりやでマイペースな性格。
    こういうアホ面系に限ってドのつくイケメンへ進化するのがポケモンなので注意されたし。
    御三家では2回目のワニのポケモン。



     


     
    ill_pokemon_03_l



    クワッス
    分類:こがもポケモン
    タイプ:みず
    特性:げきりゅう
     
    まじめできれい好きな性格。頭のトサカの形状的に郵便屋さんをイメージしていそうです。なんだか一番ストレートな進化をしそうです。
    御三家ではアチャモ、ポッチャマ、モクローと鳥モチーフのポケモンは多いですが、今までいなかったカモモチーフのポケモンです。



     
    Pokémon LEGENDS アルセウス - Switch|オンラインコード版 (【ダウンロード版早期購入特典】引き換え時に「ヘビーボール」30個が受け取れるシリアルコード付き)









      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1644939317885








     


     進化のポケモンたち

     main
    アヤシシ
    分類:おおツノポケモン
    タイプ:ノーマル/エスパー
    アヤシシへの進化
    オドシシが技「バリヤーラッシュ」を早業で20回使用する
    オドシシの群れのリーダー的存在で、角から発するサイコパワーがアンテナのような役割を果たし、群れを先導して走ります。抜けた体毛は高級品。
     
    また、進化前のオドシシもともに「バリヤーラッシュ」という専用わざを覚えます。
     
     

     
     



    main
    バサギリ
    分類:まさかりポケモン
    タイプ:むし/いわ
    バサギリへの進化
    道具「くろのきせき」をストライクに使う。
    →くろのきせきの入手方法…ガチグマのダウジング、ゴローンを倒すとまれに手に入る

    岩の部分は激しい戦いで欠けることが多く、歴戦のバサギリほど大きく欠けることでより岩が鋭くなり、切れ味が増します。
    ヒスイ地方の人々は、この欠け落ちた岩のかけらを石器に利用していたとされているようです。

    腕の斧状の岩は破壊力抜群。
    この腕を使って樹木の幹に印を刻み、木を切り倒すことで縄張りを主張する習性があります。
    また、この腕を使った専用技「がんせきアックス」を覚えます。
     
     

     
    38d54b01aef8322eae7687d663de85af
    ガチグマ
    分類:でいたんポケモン
    タイプ:ノーマル/じめん
    ■ガチグマへの進化
    満月の夜に「ピートブロック」をリングマに使う。
    →ピートブロックの入手方法…ガチグマのダウジング
    リングマがヒスイの湿地の土の影響で、頑丈かつ泥炭(でいたん)を自在に扱う姿に進化。
    冬眠から明けて、土から這い出たばかりのエゾヒグマなどがモチーフなのか、体に泥が付着しており、その模様が泥も込みで
    おでこの三日月(ヒメグマ)

    お腹の月の輪(リングマ)

    おでこの朧月(=雲がかかった春の月)
    となっているため、春=冬眠明けの熊モチーフというのはあながち間違いではなさそうです。
    また、じめんタイプ版インファイト「ぶちかまし」を覚えます。
     
     



    main (1)
    イダイトウ(オス)
    分類:おおうおポケモン
    タイプ:みず・ゴースト
    ■イダイトウへの進化
    しろすじバスラオを、ひんしにさせず技の反動だけでHPを合計294減らす
     
    1匹のバスラオに、川の遡上で死んだ仲間のバスラオの無念の魂がいくつも取り付き進化した姿
    取りついた魂はイダイトウの強力な推進力となり、敵を仕留めるまで執拗に追い回します。
    d41e327b0018c974fe55605bd8a1d689
    イダイトウ(メス)
    分類:おおうおポケモン
    タイプ:みず/ゴースト
     
    上記の記事で紹介したバスラオ(しろすじ)の進化した姿。カエンジシのように性別で進化したときの姿が違います。

     

     


    acf9802398417b47071e74682424a606
    オオニューラ
    分類:クライミングポケモン
    タイプ:どく/かくとう
    ■オオニューラへの進化
    朝・昼にヒスイニューラへするどいツメを使う
    ヒスイニューラの進化した姿。圧倒的な運動能力と毒の鍵爪を持つため、ヒスイの寒冷地域では敵なし。
    群れを作らず、単独行動を好む性質をもちます。
    また、どくタイプの専用わざ「フェイタルクロー」を覚えます。



     

     
     


    480e1f51ffceb4c5e593f50f1fcd4a01
    ハリーマン
    分類:けんざんポケモン
    タイプ:どく/あく
    ハリーマンへの進化
    ヒスイハリーセンが技「どくばりセンボン」を力業で20回使用する。 
    ヒスイハリーセンの進化形。より大きく、そしてより、毒々しい見た目に進化。
    非常に狂暴な性質な上、槍のような毒針を持つためか、「海鬼」の異名で呼ばれており、毒を食べる生態があるともされています。

    また、マナフィとフィオネの入手クエスト「海の伝説」にも関わっています。
     



     

     





     んだ?このピンクの亀…

    9be41b4508b6932ed39e7f489b424ff3
    ラブトロス(けしんフォルム)
    分類:あいぞうポケモン
    タイプ:フェアリー/ひこう
     
    寒い地域や時期が苦手で春に姿を現すのですが、
    暖かい季節とともに海を渡ってやってくるポケモンなため、春の化身として一部の地域で崇められています。
     
     
    3a1dabb9cba6557bc6872a39df0b2d93
    ラブトロス(れいじゅうフォルム)
    分類:あいぞうポケモン
    タイプ:フェアリー/ひこう
     
    女性的な風貌から、とぐろを巻いた蛇のような甲羅を持つスッポンに似た風貌に姿が変化。
    命を粗末にする者を憎み、天罰のごとく攻撃。この攻撃に一切の容赦はないとされています。


    1597806798143


    おそらくモチーフは中国四神獣のひとつ「玄武」。亀の体に蛇の尾を持ちます。
    れいじゅうフォルムは玄武ですが、
    けしんフォルムはどうやらこれまでの四神獣たちと違い、女性がモチーフなようですね。

    1644937433265
    エンディング後、とあるキャラクターとのサブクエストの中で捕まえることとなります。
     
    フェアリータイプの専用わざ「はるのあらし」を覚えます。
    れいじゅうフォルムだと相手の攻撃と防御を下げ、けしんフォルムだと自身の攻撃と防御を上げる特殊な技です。
    ランドロスたちも、それぞれ専用わざを覚えます。
    ・ランドロス…「ねっさのあらし」やけどの追加効果
    ・ボルトロス…「かみなりあらし」まひの追加効果
    ・トルネロス…「こがらしあらし」しもやけの追加効果
     





     
     

     ンオウさまの御身

    main (4)

    ディアルガ(オリジンフォルム)
    分類:じかんポケモン
    タイプ:はがね/ドラゴン
    時間を司る伝説のポケモン・ディアルガの本来の姿。全高は6mを越える巨躯。
    時間と空間の均衡が崩れ、時間の力が優性になってしまうと創造神たるアルセウスを模してこの姿に変化し、強力な力を得ました。
     
    img_02 (3)
    この姿のディアルガが存在する世界は、時の流れの方向が絶えず変化し、その速度も一定ではないとされています。
     
     

     
    main (5)

    パルキア(オリジンフォルム)
    分類:くうかんポケモン
    タイプ:みず/ドラゴン

    空間を司る伝説のポケモン・パルキアの本来の姿。
    全高は6mを越える巨躯。
    時間と空間の均衡が崩れ、空間の力が優性になると、創造神アルセウスを模してこの姿に変化し、力を自分のものとしようとしていると推察されます。

     
    img_02 (4)
    この姿のパルキアが存在する世界では空間がズタズタに引き裂かれてしまうとされています。

     
     
    ■オリジンフォルムに変化させる道具はコチラ










      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1644936853760






      




     三家、最終進化



    main (1)
    ジュナイパー(ヒスイのすがた)
    分類:やばねポケモン
    タイプ:くさ/かくとう
    赤い笠を被ったような風貌に進化した、フクスローの進化形。
    厳しい自然環境を生き抜くため、荒々しく逞しい性質に進化。決まった縄張りを持たず、餌を求めて渡り歩いて暮らすようになりました。

    img_02 (2)
    脚力が非常に発達しており、蹴りの威力は樹木をへし折り、岩石をかち割ってしまうほど。
    専用わざは飛翔して相手に突っ込んで蹴り技を放ち、翼に仕込んだ矢で連続攻撃するかくとうタイプの技「3ぼんのや」。



     
    main (2)
    バクフーン(ヒスイのすがた)
    分類:おにびポケモン
    タイプ:ほのお/ゴースト
    原種と比べてとてもゆったりとした性格。身のこなしも上品で美しくなったヒノアラシ系統の最終進化体です。
    生命エネルギーの流れや霊魂を見ていると考えられており、時折行き場を失った魂を食べていますが、食べられた魂は炎で浄化され、あるべき場所へと還る…とされています。
     
    img_02 (1)
    ひとたび怒ると感情を爆発させ、灰も残さないほどに相手を燃やし尽くしてしまう性質。
    専用わざは、首元の炎から生み出される108にも及ぶという鬼火が、恐ろしい獣のような形相となり相手に襲いかかるゴーストタイプの技「ひゃっきやこう」です。
     
     
     

    main (3)
    ダイケンキ(ヒスイのすがた)
    分類:かんろくポケモン
    タイプ:みず/あく
    原種にあった貝の鎧の部分は真っ黒に染まり、性格も勝つためには手段を選ばない、非情で冷徹なものとなったフタチマルの進化形。

    img_02
    前肢に収納された貝刀「アシガタナ」。
    このアシガタナの二刀流による怒濤の連続攻撃は圧巻で、幾重にも重なり合って押し寄せる波、「千重波(ちえなみ)」のようだとされ、この攻撃を受けると、長い年月のあいだ傷が癒えなくなってしまうといいます
    専用わざは、その千重波から名を冠したあくタイプの技、「ひけん・ちえなみ」です。



     
     
     


    スイのすがたのポケモン達

    main (2)


    ガーディ(ヒスイのすがた)
    分類:みはりポケモン
    タイプ:ほのお・いわ
     
    長い体毛にはマグマが冷え固まった「火成岩」が含まれており、また、ペアで行動する習性をもちます。
    頭の角は岩で出来ており、ここぞというときに使うようです。
    進化は原種と同じくほのおのいしで起こります。
     
     

     
     

    3407ed97f0dfd687ed0407aad0a3341c

    ウインディ(ヒスイのすがた)
    分類:でんせつポケモン
    タイプ:ほのお・いわ

    体毛に含まれた火成岩の影響か、真っ黒になったヒスイ地方のウィンディ。
    体は大柄ですが、獅子舞や演舞のような鮮やかな動きで相手を翻弄し、炎を纏った牙で襲いかかります。
    また、ほのおタイプ版「げきりん」の「だいふんげき」を覚えます。
     
     
     

    main (2)
    ビリリダマ(ヒスイのすがた)
    分類:きゅうたいポケモン
    タイプ:でんきくさ
     
    体内には無数の種子が詰まっているようで、頭の穴から時々種子を噴出します。
    なお、この穴を覗いても真っ暗で何も見えないため、体の中がどうなっているのかは分からないようです。 
     
    友好的かつ陽気な性格ですが、些細な出来事で放電してしまうため、人間には厄介者扱いされています。


    267e438abc6ed0c5c4140a474ecb4f71
    マルマイン(ヒスイのすがた)
    分類:きゅうたいポケモン
    タイプ:でんきくさ
     
    ヒスイビリリダマが進化した姿で、体表組織のほとんどが、ぼんぐりと同じ成分。
    原種とは違い、リーフのいしを使って進化します。
    また、くさタイプ版てっていこうせんである専用わざ「クロロブラスト」を覚えます。
     
     
     
     
    0c63d0e1c13ea971dd3d9f36b31f5f5b
    ハリーセン(ヒスイのすがた)
    分類:ふうせんポケモン
    タイプ:あく/どく

    BDSPのミオ図書館にあった本「海の伝説」のなかで言及されたハリーセン。
    毒針を散らす性質のため漁師からは嫌われています。
     
    ガラルカモネギのように、原種が未進化ながらも、新たな進化の姿を手に入れているポケモン。
    進化後のハリーマンと同じく新わざ「どくばりセンボン」を覚えます。

    ▼進化形はこちら 
     
     
     
     
    43e3ac797ea5f6f899cc6f3b50022242
    ニューラ(ヒスイのすがた)
    分類:かぎづめポケモン
    タイプ:どく/かくとう
     
    真っ黒な原種とは打って変わり、真っ白な体色になったニューラ。
    毒が滴る危ない鍵爪ですが、切り立った崖を登ることに有利な形状へと変化しています。
    どうやら、このニューラは新たな進化を手に入れるようです(ガラルニャース系統)。
     
    ▼進化形はこちら 

     
      
     


    6a1cd45249bf4c7884218931d42f6221


    ドレディア(ヒスイのすがた)
    分類:スピンポケモン
    タイプ:くさ/かくとう
     
    ドレスを脱ぎ捨て、バレリーナのような見た目となったドレディア。顔つきもおっとりした見た目からキリッとしたつり目になっています。
    ヒスイが雪の多い地域なため脚力が発達、頭の華の香りは周囲の生き物を元気付ける効果があるようです。
     
    進化は原種と同じくたいようのいしで起こります。
    また、自身の攻撃と防御、技の威力をあげるかくとうタイプの専用わざ「しょうりのまい」を覚えます。
     
     
       
     
    e60ff785bb884020c60b8798602e2c72

    バスラオ(しろすじのすがた)
    分類:おんこうポケモン
    タイプ:みず
     
    原種と違い、かなり温厚な性格で、帰巣本能からか、川を遡上する習性をもちます。
    背鰭はあかすじ、胸ビレはあおすじ、目の形はあかすじ、肝心のすじは水色と、まぜこぜな姿のヒスイ地方のバスラオ。バスラオの「ヒスイのすがた」ともいえる姿です。

    ▼進化形はこちら 
      
     
     
     
     
     
     
    main

    ゾロア(ヒスイのすがた)
    分類:うらみぎつねポケモン
    タイプ:ノーマル・ゴースト

    不思議な幻影を見せることから、かつて別の土地では人間たちから嫌われものだったゾロア。一部の個体たちは生息地を追われヒスイ地方に移り住むようになりました。

    しかし他のポケモンたちとの縄張り争いや厳しい自然環境に耐えられず息絶え、残った魂が人間やポケモンに対する強い恨みのエネルギーによってゴーストタイプに転生したとされます。

    単独で行動するポケモンや人を見つけると、化けて現れることがあり、これまでに発見されていた姿とは異なり、頭部や首回り、尻尾の長い毛から発する恨みのエネルギーで、相手の亡霊のような姿を作って見せるようです。
     
    それを見た相手が抱いた恐怖心を吸い取って、自らのエネルギーに変える性質を持ちます。

    また、進化は原種と同じくLv30で可能なようです。





    main (1)

    ゾロアーク(ヒスイのすがた)
    分類:のろいぎつねポケモン
    タイプ:ノーマル・ゴースト

    生き物のようにうごめく長い毛から生み出される恨みのエネルギーは、相手に恐ろしい幻影を見せるだけでなく、体の内外からもダメージを与えます。  
    その幻影は、見てしまうと正気を保てなくなる程の恐ろしさだともいわれているようです。
     
    他の存在に対して激しい敵意を向け、攻撃的な姿勢を見せますが、仲間や家族のような存在には慈悲深い一面もあります。
     
    また、ゾロア、ゾロアークともに専用技「うらみつらみ」を覚えます。
     
     
     




     
     
    main (3)

    ウォーグル(ヒスイのすがた)
    分類:おたけびポケモン
    タイプ:エスパー・ひこう

    ヒスイ地方のワシボンが進化した姿。冬季になると北からやってくる、従来のウォーグルと比べ非常に大柄かつ、群れは作らない性質をもちます。
    サイコパワーを駆使した攻撃や、トランス状態となり自己強化をして戦う方法を得意としているようで、専用技「オーラウィング」を使います。

    また、進化は原種と同じくLv54で可能なようです。




     


     
     

    03f1dc815eedbc3e88f3426f74c6c5ce
    ヌメイル(ヒスイのすがた)
    タイプ:ドラゴン/はがね
     
    最弱のドラゴンポケモン、ヌメラの進化形態。ヒスイの水に含まれる特殊な鉄分の影響で背中の突起が殻へと変化した姿。
    原種と同じく、Lv50かつ雨が降っている場所でヌメルゴンへ進化します。
    ヌメイル、ヌメルゴンともに防御を上げ、煙幕状態となる専用わざ「たてこもる」を覚えます。
     


    dc3692f776b493625be24e69223a90d4
    ヌメルゴン(ヒスイのすがた)
    タイプ:ドラゴン/はがね
     
    殻を自由自在に操って戦う、ヒスイのすがたのヌメルゴン。
    非常に寂しがりな性格で、好きな相手が自分から離れると怒って暴れまわるヤンデレ気質。

    4fe1ac2
    休むときはどうやらこの殻の中に入るようです。


     



     


     
    c2799525f71f186a958924eedefd2034
    クレベース(ヒスイのすがた)
    タイプ:こおり/いわ
     
    原種と同じくLv37で進化する、大きなアゴが付いたヒスイのクレベース。
    アゴは鋼鉄よりも硬いとされ、雪が積もった険しい山道をこのアゴでかき分け進みます。
    専用わざ「ひょうざんおろし」を覚えます。
     
     


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1639095102424








     発するモンスターボール






    21-12-09-16-43-56-505_deco






    なんだなんだ!?
    Twitterもボールガイに乗っ取られてるぞ!?

    爆発するモンスターボールもあるしなんやコレぇ!



     
     



     太め



     
    main (2)


    ビリリダマ
    (ヒスイのすがた)
    分類:きゅうたいポケモン
    タイプ:でんきくさ
     
    21-12-10-09-09-07-841_deco

     
    ツヤツヤした球体の身体を持つ、謎のポケモン。
    木目のように見える体表の組織や、頭頂部に空いた穴など、見た目がヒスイ地方のモンスターボールにそっくりです。

    体内には無数の種子が詰まっているようで、頭の穴から時々種子を噴出します。

    なお、この穴を覗いても真っ暗で何も見えないため、体の中がどうなっているのかは分からないようです。


    img_02


    いつでも上機嫌で、友好的な性格。
    ただし、テンションが高まると頭の穴からため込んだ電気を一気に放出するため、よく周りにいる人間やポケモンを感電させてしまいます。

     
    些細な出来事ですぐに放電してしまうため、人里では厄介者扱いされており、頭の穴を一時的にふさいで外につまみ出されてしまうことも少なくないようです。

     
     
     
     
     



    Pokémon LEGENDS アルセウス -Switch (【早期購入特典】プロモカード「アルセウスV」 ×1 同梱)【Amazon.co.jpオリジナル特典】着物セット ガブリアスが先行入手できるコード 配信

    レジェンズアルセウス発売後も、ランクマッチ対戦は剣盾で行われるようです。これを機に、育成や対戦を始めてみてはどうでしょう?


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1635255001477





     む狐

    main

    ゾロア(ヒスイのすがた)
    分類:うらみぎつねポケモン
    タイプ:ノーマル・ゴースト

    不思議な幻影を見せることから、かつて別の土地では人間たちから嫌われものだったゾロアは、生息地を追われヒスイ地方に移り住むようになりました。

    しかし他のポケモンたちとの縄張り争いや厳しい自然環境に耐えられず、息絶えてしまい、残った魂が、人間やポケモンに対する強い恨みのエネルギーによってゴーストタイプに転生したのです。

    img_02 (1)


    単独で行動するポケモンや人を見つけると、化けて現れることがあり、これまでに発見されていた姿とは異なり、頭部や首回り、尻尾の長い毛から発する恨みのエネルギーで、相手の亡霊のような姿を作って見せるようです。

    それを見た相手が抱いた恐怖心を吸い取って、自らのエネルギーに変える性質を持ちます。








    main (1)

    ゾロアーク(ヒスイのすがた)
    分類:のろいぎつねポケモン
    タイプ:ノーマル・ゴースト

    生き物のようにうごめく長い毛から生み出される恨みのエネルギーは、相手に恐ろしい幻影を見せるだけでなく、体の内外からもダメージを与えます。  
     
    img_01

    その幻影は、見てしまうと正気を保てなくなる程の恐ろしさだともいわれているようで、ヒスイの映像撮影者が倒れてしまった理由もこれが原因でしょう。

    他の存在に対して激しい敵意を向け、攻撃的な姿勢を見せますが、仲間や家族のような存在には慈悲深い一面もあります。特に、ゾロア(ヒスイのすがた)を守る姿が見られることもあるようです。
     
     
     
     



    ラチナのすがた


    21-10-26-22-18-02-669_deco

    BDSPの早期購入特典は、
    「ポケモンプラチナ」のときの主人公衣装。
     
    懐かしいですねぇ~!
     
     
     
     
     
    そんなこんなで革新的な要素が盛りだくさんなLEGENDSアルセウス。ワクワクな要素がまたまだ沢山ありそうですね。 

    レジェンズアルセウス発売後も、ランクマッチ対戦は剣盾で行われるようです。これを機に、育成や対戦を始めてみてはどうでしょう?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1632836569023








    しいストライクの進化型


    main

    バサギリ
    分類:まさかりポケモン
    タイプ:むし・いわ

    かまきりポケモンのストライクに、ヒスイ地方の特殊な鉱石がはたらき、体の一部が岩のように変化、進化しました。

    岩の部分は激しい戦いで欠けることが多く、歴戦のバサギリほど大きく欠けることでより岩が鋭くなり、切れ味が増します。
    ヒスイ地方の人々は、この欠け落ちた岩のかけらを石器に利用していたとされているようです。

    img_01
    腕の斧状の岩は破壊力抜群。
    この腕を使って樹木の幹に印を刻み、木を切り倒すことで縄張りを主張する習性があるため、鋭い切り口が残されていたり、並んだ木が交差するように倒れていたらその周辺がバサギリの縄張りである可能性が高いです。

    …新しいPVではこのバサギリが不思議な加護を受けた「キング」のポケモンとして登場します。








    らぶるポケモンたち

    強力な力を持つポケモン
    「キング」と「クイーン」
    img_01 (4)
    特別なポケモンたちのうち特に強い力を持つ「キング」と「クイーン」と呼ばれるポケモンたち。
    普段は人々から敬われる存在ですが、突如として暴走してしまう謎の現象が多発。
    暴走状態となったキングやクイーンは、何らかの特殊な力の影響で通常よりも体が大きく、そして体が光輝いています。
    キングやクイーンは一度暴走すると手が付けられないため、人々から゛彼らを鎮めてほしい゛と依頼がギンガ団へ届くことがしばしばあるようです。

    主人公は、ギンガ団の調査隊の一員として彼らを鎮める任務を引き受けることになるのです。






    ■キングやクイーンの好物
    シズメダマ
    img_02 (1)
    img_04
    キングやクイーンは、ポケモンバトルで倒すだけでは、その暴走を止めることはできないため、代わりに有効な手立てとして彼らの好物などが調合された「シズメダマ」を当てる必要があります。
    アクションとバトルを駆使しながら、あらぶる彼らを鎮めましょう。






    ■勝機を作れ!
    ポケモンバトル
    img_05 (1)
    img_06
    img_08
    「キング」や「クイーン」の動きをよく観察すると、一瞬の隙を見せるので、その隙を突いて、ポケモンバトルで反撃することができます。
    手持ちのポケモンが入ったモンスターボールを投げるとバトルが始まり、倒すことができれば一時的に体勢を崩すため、「シズメダマ」を当てやすくなります。

    …ポケモンサン・ムーンで登場した「ぬしポケモン」に今作のアクション要素が盛り込まれたシステムですね。


     
     


    ケモンたちを捕まえるには

    多くのポケモンに出会うためには、場所以外にも時間帯を変えることも効果的。
    ポケモンによって活動する時間帯は異なっていたり、特定の場所でしか会えないものもいるので、ポケモンに合わせて冒険の時間帯を変えてみるといいかもしれません。

    調査をしたい時間帯までベースキャンプで休んでから、出発することもできるようです。

    img_01 (10)
    img_02 (4)
    img_03 (6)
    img_04 (4)


    DPtのように木を揺らしたら出て来たり、中には岩陰から飛びだしてくるポケモンもいるようです。

     
     
     


     く光る眼


    ■強力で狂暴なポケモン

    オヤブン
    pokemon-legends-arceus-shooter-damage-hyouji-0i
    img_05
    冒険の途中で通常よりも体が大きく、目が赤く光ったポケモン「オヤブン」と出会うことがあります。強力かつ、主人公に気付くと追いかけて攻撃してくるため、うまく回避しながらポケモンバトルを挑むことが重要です。

    手ごわい相手ですが、捕まえられれば心強い味方になる上、バトルで倒すと珍しい道具が手に入ることもあるようです。




     
    ケモンライドの先駆け


    img_01 (3)
    今作ではキングとクイーンの他にも不思議な加護を受けた特別なポケモンたちがいます。 

    その中でも主人公を認めて力を貸してくれるポケモンもおり、彼らは冒険の中で主人公が譲り受ける不思議な笛「カミナギのふえ」を吹くといつでも現れ、主人公を乗せてくれます。

    この「ポケモンライド」を使うと、地上を駆けたり、水上や空中にまで行動範囲が広がったりと、ヒスイ地方をより自在に冒険することができるようになるのです。




    ■野を駆け、岩を越える
    アヤシシ
    img_02
    img_03
    アヤシシに乗ると速いスピードで移動できるようになります。乗っている最中に、ダッシュでさらに加速したり、ジャンプで障害物を飛び越えたりすることも可能なようです。




    ■水を跳ね、捕獲する
    イダイトウimg_04 (1)
    img_05 (2)
    彼に乗ることで水上を自由に進んだり、水上の障害物を飛び越えたりすることができるようになり、
    通常は近づくことすら難しい川や海に生息するポケモンにも、モンスターボールで捕獲したりポケモンバトルを挑むことができるようになります。





    ■空から地上を探索する 
    ウォーグル(ヒスイのすがた)
    img_06 (1)
    img_07
    大きな崖を飛び越える、山頂から一気に急降下して低地に降り立つなど行動の幅が広げる上で欠かせないヒスイウォーグル。
    その他にも、上空から見渡すことで地上に生息するポケモンや落ちている道具の情報を集め、次に行きたい場所を選ぶことができるので、調査においても大きな助けとなるようです。
     
     





    新たなアイテムの「カミナギのふえ」は、ポケモンDPtのオープニングイントロおよび原典の没アイテム「てんかいのふえ」のメロディと同じ音が鳴るようです。

    まさか、世界創造のポケモンを呼ぶ笛と同じ音色とは…これは何かありそうですね。


     






      このエントリーをはてなブックマークに追加
    21-08-13-22-20-07-354_deco




     くも新しいポケモン

    img_02_01
    ポケットモンスターシリーズでは初めてのアクションRPGゲームとなり、そして「過去の時代」を主題とした古くも新しい作品です。

    今までのポケモンになかった「プレイヤー側がポケモンの攻撃でダメージを受ける」という仕様や、前転やしゃがむといったアクションが導入されました。


    ポケモンからのダメージを一定以上受けると、行動不能となり、いわゆるゲームオーバーとなってしまうので、それを防ぐためにもポケモンを所持してバトルすることや、アクションでポケモンから距離を取ることが非常に重要になります。

    そしてポケモンたちは、この時代では「不思議で危険な生き物」。
    主人公は、そんな危険な生き物の生態を調査するために活動している組織に所属し、その調査の一貫としてポケモンを捕獲、ポケモン図鑑の作成に携わることになります。









     スイ地方とギンガ団

    img_01
    ヒスイ地方は、やがてシンオウ地方と呼ばれる今作の冒険の舞台。
    一見すると全く違う地方に見えますが、中央のテンガン山とコトブキムラの位置を照らし合わせると、確かに未来のシンオウ地方であるということがわかります。




    img_04
    そのコトブキムラ(シンオウ地方でいうコトブキシティ)を拠点としている組織に、ポケモン生態の調査隊の一員としてスカウトされた主人公は、各地へ調査をかねた冒険をすることとなります。




    img_01 (1)
    主人公が身を置く組織「ギンガ団」
    主人公が所属する調査隊や警備隊、医療隊など様々な隊で構成された一大組織です。




    img_02 (1)
    主人公は、ナナカマド博士のご先祖様であり
    ギンガ団団長である「デンボク」を中心に、
    色々な人物と協力しながら、ポケモン図鑑完成を目指すこととなります。

     


    img_01 (3)
    今作の最初の3匹のポケモンを連れてきてくれる
    ポケモン博士の「ラベン」
    別の地方からやって来た、研究熱心な調査隊の一員です。顔の雰囲気からオダマキ博士に似ているが、果たして?




    img_01 (4)
    ギンガ団の調査隊隊長「シマボシ」
    他者にも自分自身にも厳しいですが、主人公の成長を一番に見守ってくれている女性です。
    「ダイヤモンド・パール」で悪のギンガ団ボスとなる「アカギ」にそっくりですが、もしかするとご先祖様なのかも?








     ケモンの捕獲とアクション

    img_02_01
    今作では剣盾のワイルドエリアのようなシングルエンカウント形式でポケモンが出現し、ポケモンごとに主人公への対応が違います。

    ビッパのような近付いても攻撃してこない友好的な種もいれば、ムックルなどの逃走を図る種、出会い頭に技を仕掛けてくるコリンクのような攻撃的な種など多種多様です。

    ポケモンのプレイヤーへの対応が違うため、プレイヤーもポケモンごとに捕獲する際の対応を変えねばなりません。





    21-08-19-09-52-41-433_deco
    対応は主に2種類。
    ひとつは直接捕獲する方法。
    草むらなどにしゃがんで、身を隠しながら捕獲したり、めかくしだまで姿を眩ませての捕獲です。
    こちらが基本的な捕獲策になりそうです。



    21-08-19-09-52-50-977_deco
    2つ目は
    バトルで弱らせて捕獲する方法。
    従来のポケモンバトルとは少し違い、アクティブターンバトル形式が採用されたバトルになっています。
    攻撃的なポケモンは、主人公がダメージを受ける前にポケモンを出して、バトルへ突入したほうが安全そうです。



     
    21-08-19-09-52-59-463_deco
    攻撃的なポケモンによって主人公がダメージを受けて倒れてしまわないように、転がるアクションを用いて攻撃を避けたり、すばやくポケモンを繰り出してバトルに移行できるよう心掛けたいところです。






     しいポケモンバトル

    今作では、野生のポケモンの目の前で自分のポケモンを繰り出すことでポケモンバトルへ移行します。
    従来のポケモンのように、野生ポケモンに触れることで戦闘に移行するわけではないようですね。

    21-08-19-10-12-47-339_deco
    そして新しく、ポケモンバトルにアクティブターンバトルが採用されています。

    アクティブターンバトルとは、ポケモンの素早さや繰り出す技によって、相手ポケモンや自分のポケモンの行動順が変わるのが視覚的に分かりやすくなったバトル形式です。


    技ですばやさが高まったりすれば、自分のポケモンが連続で行動できたりするかもしれませんね。




    img_03
    また、今作から新しく登場する
    「早業」と「力業」。
    ポケモンの技に影響を及ぼすシステムで、技の選択時、早業か力業で技を繰り出すよう指示すると、それぞれの効力が付与された技を繰り出します。

    2つとも、それぞれメリットとデメリットがあります。

     

    img_04 (1)
    「早業」はターンが自分に回ってきやすくなる代わりにダメージが下がります。
    ポケモンを弱らせて捕獲するときのためにわざと威力を下げたり、変化技で能力を底上げして戦いたい場合などに活用できます。



    img_06
    「力業」は、ターンの行動回数が減る代わりにダメージを大きく上げることができます。
    一撃でバトルを終わらせたいときに使えそうですね。







     ースキャンプと新たな道具

    img_01 (6)
    コトブキムラを出て各地にの調査に赴く際は、ベースキャンプから調査がスタートします。

    ポケモンや主人公の体力回復、道具の購入、道具のクラフトなどベースキャンプで準備をしてから調査に臨みましょう。

     


    21-08-19-10-12-39-869_deco
    ポケモンを捕獲するためのボールを作成したり、
    回復道具を作成できるクラフト。
    どうやら、今作のヘビーボールのように従来とは効果が異なる道具もあるようです。



    21-08-19-10-36-21-808_deco
    スーパーボール、ハイパーボールも登場。



    img_05
    その他にも、ポケモンから姿を隠すための煙幕を発生させる道具「めかくしだま」のような新しい道具もあるようです。






     ポケモン

    main
    アヤシシ
    分類:おおツノポケモン
    タイプ:ノーマル・エスパー

    オドシシの進化形。
    オドシシの群れのリーダー的存在で、角から発するサイコパワーがアンテナのような役割を果たし、群れを先導して走る。
    抜けた体毛は高級品。

    main (1)
    イダイトウ
    分類:おおうおポケモン
    タイプ:みず・ゴースト

    川の遡上で死んだ仲間のバスラオの無念の魂により進化したバスラオの進化形。
    取りついた魂はイダイトウの強力な推進力となり、敵を仕留めるまで執拗に追い回す。








     スイのすがた

    main (2)


    ガーディ(ヒスイのすがた)
    分類:みはりポケモン
    タイプ:ほのお・いわ
     
    長い体毛に覆われ、寒冷地帯に適応したガーディ。
    頭の角は岩で出来ており、ここぞというときに使う。ペアで行動する習性をもつ。
    おそらくウインディもヒスイのすがた。



    main (3)

    ウォーグル(ヒスイのすがた)
    分類:おたけびポケモン
    タイプ:エスパー・ひこう
     
    ヒスイ地方のワシボンが進化した姿。
    冬季になると北からやってくる、従来のウォーグルと比べ非常に大柄かつ、群れは作らない性質をもつ。
    サイコパワーを駆使した攻撃や、トランス状態となり自己強化をして戦う方法を得意としている。





     作の予感

    ポケモンと
    モンハンワールドと
    ゼルダBotW
    を足して3で割ったようなゲーム。

    ポケモンをベースに、任務やキャンプなどはモンハン、クラフトやアクション、映像面はゼルダ…といったところでしょうか。

    それにしても、ポケモンがアクティブターンバトルを採用するとは思いませんでした。

    私が知っているモノでこの方式のバトルを採用しているのはデジモンストーリーくらいだったもので…。

    なにより、FFのATB(アクティブ "タイム" バトル)やCTB(カウントタイムバトル)と混同されがちですからね。
    CTBは似たようなシステムではありますが、キャラクターの持ちカウントがゼロになったら行動可能…というシステムのため、今作のシステムとはちょっと考え方が異なります。

    これを期にアクティブターンバトルが広まればいいな、とは思います。






    どうやら既に予約は始まっているそうです。
    発売が待ち遠しいですねぇ。


    ちなみにランクバトルは今作発売後も剣盾で開催。
    おい誰だガラル幽閉とか言ったやつ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sketch-1578638368849








     好物はスパイス


    pokemon-200109_04_01@2x

    ヤドン
    (ガラルのすがた)

    分類:まぬけポケモン
    タイプ:エスパー
    特性:くいしんぼう/マイペース

    かつてガラル地方のヤドンたちは、生息地に群生する植物の種子「ガラナツ」を好んで食べていた。

    ガラナツは料理に欠かせないスパイスの1つ。ヤドンたちは、世代を超えてその成分を体内に蓄積し続け、独自の姿や能力を持つようになった。

    何も考えずに海辺や川べりに寝そべって生活している。

    たまに鋭い目つきをするが、すぐに呆けた表情に戻る。
    これは、何かのきっかけで、蓄積された「ガラナツ」成分が脳を刺激し、とんでもないことを閃くものの、一瞬にして忘れてしまうためと考えられている。

    …コダックかな?

    鎧の孤島で手に入るアイテムでヤドランへ。
    冠の雪原で手に入るアイテムではヤドキングに進化する。







     パイスが化学変化


    pokemon-200602_06_01@2x


    ヤドラン
    (ガラルのすがた)
    分類:やどかりポケモン
    タイプ:どく・エスパー
    特性:クイックドロウ

    シェルダーに噛みつかれた刺激で、ガラルヤドンの体内のガラナツが化学反応を起こし、どくタイプへと変化した。
    シェルダーが無意識に腕を強く噛むことがあり、噛まれた場所がむず痒くなると、腕を振り回して無差別に殴りかかってくるため、非常に危険。

    pokemon-200602_06_03

    いつもぼーっとしているが、強敵と対峙すると、体内の刺激物質が全身を駆け巡り体中の神経が刺激される。
    すると目つきが鋭くなり、早撃ちガンマン顔負けのスピードでシェルダーを構え、先端から毒液を噴射する。


    新技「シェルアームズ」
    pokemon-200602_06_05
    「シェルアームズ」は、腕に噛みついているシェルダーの先端から毒液を噴射して攻撃するどくタイプの特殊技。
    相手をどく状態にする上、
    物理、特殊で与えるそれぞれのダメージを比較し、より高いダメージを与えられる方で攻撃をする。











    加ポケモン





    第1世代とその進化系

    ニドラン♂ ニドリーノ ニドキング
    ズバット  ゴルバット クロバット
    ニョロモ  ニョロゾ  ニョロボン
    ニョロトノ
    ヤドン   ヤドラン  ヤドキング
    コイル   レアコイル ジバコイル
    タマタマ  ナッシー
    ピンプク  ラッキー  ハピナス
    モンジャラ モジャンボ
    ガルーラ
    タッツー  シードラ  キングドラ
    ヒトデマン スターミー
    ストライク ハッサム
    エレキッド エレブー  エレキブル
    ブビィ   ブーバー  ブーバーン
    ケンタロス







    2世代その進化系

    エアームド
    ルリリ マリル マリルリ








    第3世代その進化系

    ゴニョニョ ドゴーム  バクオング
    ココドラ  コドラ   ボスゴドラ
    チルット  チルタリス
    アブソル
    タマザラシ トドグラー トドゼルガ
    ジーランス
    ダンバル メタング メタグロス







    第4世代その進化系

    コリンク ルクシオ レントラー
    フカマル ガバイト ガブリアス







    第5世代その進化系

    メグロコ ワルビル ワルビアル
    ゾロア ゾロアーク
    フリージオ
    バッフロン
    メラルバ ウルガモス
    エモンガ
    タマゲタケ モロバレル
    コジョフー コジョンド
    クリムガン





    第6世代その進化系

    ヤヤコマ ヒノヤコマ ファイアロー
    クズモー ドラミドロ
    アマルス アマルルガ
    デデンネ






    第7世代その進化系

    イワンコ  ルガルガン
    カリキリ  ラランテス










    管理人に質問がある、こんな意見を言いたい!伝えたい人は是非↓のマシュマロを利用してくれ。
    今後どこかでマシュマロを皆さんの前で読もうかなと思うよ。




      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20-06-16-10-09-01-952_deco












     き上がる怒り

    pokemon-200109_08_01

    ウーラオス
    (いちげきのかた・キョダイマックスのすがた)
    分類:けんぽうポケモン
    タイプ:かくとう・あく
    特性:ふかしのこぶし


    雄叫びをあげるような表情を持ち、人々からは「怒りの化身」とも「怒りによって世界の邪鬼を払う神の使い」ともいわれている。

    キョダイマックスわざ
    「キョダイイチゲキ」
    pokemon-200109_08_02
    キョダイウーラオス(いちげきのかた)が繰り出すあくタイプの攻撃は「キョダイイチゲキ」に変化する。
    「キョダイイチゲキ」は、「ダイウォール」や「まもる」などを使って攻撃から身を守ろうとしている相手に対しても、ダメージを与えることができる。





     に秘める怒り


    pokemon-200109_09_01

    ウーラオス
    (れんげきのかた・キョダイマックスのすがた)
    分類:けんぽうポケモン
    タイプ:かくとう・みず
    特性:ふかしのこぶし

    沈着な顔つきで、静かに構えている。人々の中には、心の奥底を見透かされたかのように思い、激しく動揺するものもいれば、邪鬼を浄化してもらったように感じるものもいる。

    キョダイマックスわざ
    「キョダイレンゲキ」
    pokemon-200109_09_02
    キョダイマックスしたウーラオス(れんげきのかた)が繰り出すみずタイプの攻撃は「キョダイレンゲキ」に変化する。
    「キョダイレンゲキ」は、「ダイウォール」や「まもる」などを使って攻撃から身を守ろうとしている相手に対しても、ダメージを与えることができる。







     体を覆う巨大な花弁

    pokemon-200602_07_01@2x

    フシギバナ
    (キョダイマックスのすがた)

    分類:たねポケモン
    タイプ:くさ・どく
    特性:しんりょく


    キョダイマックスの力により、背中の花は身体を覆うほどに大きく広がった。
    その花弁は非常に分厚く、弾力性に優れているため、生半可な攻撃は弾いてしまう。
    バトルの際には、強靭な花弁を盾に2本の太いツルを振るい攻撃し、相手に挑む。

    pokemon-200602_07_03

    背中の花からは、山が噴火しているようにも見えるほど、大量の花粉が放出される。
    この花粉は吸い込むとくしゃみが止まらなくなり、大量に吸い込むと意識を失ってしまうこともあるようだ。
    一方で、植物を活性化させる効果があり、花粉が撒かれた場所には、大きな草木が生い茂るといわれている。
    キョダイマックスわざ
    「キョダイベンタツ」
    pokemon-200602_07_04
    キョダイフシギバナが繰り出すくさタイプの攻撃は、「キョダイベンタツ」に変化する。
    「キョダイベンタツ」は、攻撃によるダメージだけでなく、くさタイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける効果がある。
    pokemon-200602_07_06







     壊力抜群の巨砲


    pokemon-200602_08_01@2x

    カメックス
    (キョダイマックスのすがた)
    分類:こうらポケモン
    タイプ:みず
    特性:げきりゅう

    身体の巨大化に合わせて、水流を放つ甲羅の噴射口も増大。
    その数は、大小合わせて31門にも及び、状況に合わせて大砲を使い分ける。
    戦闘時には狙いを定めず、多数の噴射口から豪快でパワフルな攻撃を行い、手数で相手を圧倒する。

    pokemon-200602_08_03

    甲羅の中心にある主砲は特に強力で、放たれる水流が山に穴を開けたという伝説がある。
    また、主砲を取り囲む12門の大砲は自在に向きを変えることができ、地上だけでなく、上空を含む全方位に向けての攻撃が可能だ。


    キョダイマックスわざ
    「キョダイホウゲキ」
    pokemon-200602_08_04
    キョダイカメックスが繰り出すみずタイプの攻撃は、「キョダイホウゲキ」に変化。
    攻撃によるダメージだけでなく、みずタイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける効果がある。
    pokemon-200602_08_06



     なみに

    エキスパンションパスの発表時の、キョダイフシギバナとキョダイカメックスは下記のようなイラスト。

    Screenshot_20200110-000652

    Screenshot_20200110-000644

    カメックスは後ろ向きになり大砲がよく見えるように、フシギバナは目が鋭く、角度も目が見えやすいような描き方になっているようだ。














      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Screenshot_20200114-130953











     化したのは第1タイプ!


    以前の記事で、ガラル三鳥はひこうタイプが没収されるのでは?と記事を作ったが、どうやら逆だった模様。



    今回没収されたのは第2タイプのひこうではなく、彼らの名前にもなっている第1タイプ。
    フリーザーならこおりエスパーに。
    サンダーならでんきかくとうに。
    ファイヤーはほのおあくになった。

    じゃあ彼らの「名前」はどうなるの?となるのだが、うまいこと考えられており、
    フリーザーなら「冷酷に見下す鋭い眼」を持つことからフリーザー。
    サンダーなら「稲妻のような俊敏な動き」をすることからサンダー。
    ファイヤーは「燃え盛る怒り」を持つことからファイヤーなのだという。

    タイプこそ変わったものの、彼らはまさしくフリーザー、サンダー、ファイヤーなのだ。


     




     酷にすべてを見下す


    pokemon-200602_03_01@2x


    フリーザー
    (ガラルのすがた)
    分類:れいこくポケモン
    タイプ:エスパー・ひこう
    特性:かちき

    何十年かに一度、カンムリせつげんに姿を現す渡りポケモンで、長い間、伝説のポケモン「フリーザー」だと考えられていた。
    性格は冷淡で冷徹だが立ち振る舞いは上品。
    常にサイコパワーを使って宙に浮かんでおり、羽ばたくことはほとんどない。

    pokemon-200602_03_02

    生き物の細胞に作用する強力なサイコパワーを操って戦う。
    特に目から放たれるサイコビームの効果は強烈で、少しでも触れると凍てついたように動けなくなってしまう。
    動けなくなった相手には、サイコパワーを凝縮した羽でとどめを刺す。


    専用わざ「いてつくしせん」
    pokemon-200602_03_03
    両目からサイコパワーを打ち出して攻撃するエスパータイプの特殊技。まれに相手をこおり状態にすることがあるぞ。
    pokemon-200602_03_06

    強力なサイコエネルギーを操るフリーザー。
    その姿は仮面を付けた貴族のような風貌だ。
    穏やかかつ優雅な面持ちのフリーザーの面影は全くといっていいほど無い。
    その見た目にふさわしく特性はかちき。
    何か能力を下げられるととくこうがぐーんと上がる。







     脚なる稲妻

    pokemon-200602_04_01@2x

    サンダー
    (ガラルのすがた)
    分類:けんきゃくポケモン
    タイプ:かくとう・ひこう
    特性:まけんき

    何十年かに一度、カンムリせつげんに姿を現す渡りポケモンで、長い間、伝説のポケモン「サンダー」だと考えられていた。
    とても好戦的なポケモンで、自分より強そうなポケモンを見かけると戦いを挑まずにはいられないようだ。

    pokemon-200602_04_02


    戦闘では持ち前の脚力を活かした、素早い身のこなしと、強烈なキックで相手を圧倒する。
    超高速で岩山などの壁面をジグザグと跳び降りる様はまるで稲妻のようだと言われている。
    ただし羽が退化しているため、空を飛ぶことは苦手なようだ。


    専用わざ「らいめいげり」
    pokemon-200602_04_04
    雷のような動きで相手を翻弄しながら、キックを放つかくとうタイプの物理技。
    攻撃を当てた相手のぼうぎょを下げることができる。
    pokemon-200602_04_06

    特性が「けんきゃく」などの専用のものになるかと思いきやそんなことはなかった。
    しかし、キックが得意である点はどうやら正解らしく、どうやら分類は「けんきゃく」であるようだ。
    モチーフはダチョウやヒクイドリ等の飛べない代わりにキックが強いタイプの鳥だろう。
    好戦的なところもよく似ている。








     岸不遜な伝説の存在


    pokemon-200602_05_01@2x

    ファイヤー
    (ガラルのすがた)
    分類:じゃあくポケモン
    タイプ:あく・ひこう
    特性:ぎゃくじょう

    何十年かに一度カンムリせつげんに姿を現す渡りポケモンで、長い間伝説のポケモン「ファイヤー」だと考えられていた。
    傲岸不遜な性格をしており、本能の赴くままに悠然とした振る舞いを見せる。

    pokemon-200602_05_02

    体内にほとばしるエネルギーを、燃え盛る火柱のようなオーラとして放出しており、普通のポケモンは近づくことすらできない。
    翼を大きく広げ、周囲に邪悪なオーラを放つ精神攻撃を得意としており、この攻撃を食らってしまうと燃え尽きたような強い疲労感を感じるぞ。


    専用わざ「もえあがるいかり」
    pokemon-200602_05_03
    怒りを炎のようなオーラに代えて攻撃するあくタイプの特殊技。
    まれに相手をひるませることがある。
    pokemon-200602_05_06

    全員とっつきにくい性格のガラル三鳥。
    なかでも特に面倒そうな性格なのがこのガラルファイヤーだ。傲岸不遜というだけでかなり嫌~な感じだが…。
    もともと「にらみつけるさん」と呼ばれていたファイヤーだが、ガラルのすがたになり目付きが非常に鋭くなった。







     対する三匹

    20-06-03-08-58-51-936_deco

    どうやら彼らは三竦みだけでなく、それぞれが対立する存在のようだ。
    「冠」でどの様に彼らの関係が描かれるのか楽しみだ。









    管理人に質問がある、こんな意見を言いたい!伝えたい人は是非↓のマシュマロを利用してくれ。
    今後どこかでマシュマロを皆さんの前で読もうかなと思うよ。






    このページのトップヘ