となりのモンスター屋さん【となもん】(モンハン/ポケモン/特撮/ゲーム関連ブログ)

なりのモンスター屋さんへようこそ! ここはモンスターハンターや特撮など一部のカテゴリ好きな管理人が情報や雑感を投稿するブログです。 一部ネタバレ情報もありますので、最新情報を知りたい方は是非「ホーム画面に追加」して、ちょくちょく確認してみてくださいね

  • Twitter
  • RSS

    ブラキディオス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_20191209_152234







     の画どこかで…


    【実施期間】12月20日(金)9:00~2020年1月6日(月)8:59
    ▼イベントクエスト「鉱山粉砕」
    炭鉱夫には欠かせない"アレ"が太刀になって再登場?!特別な素材を集めて生産してみよう!
    受注・参加条件:MR17以上
    フィールド:龍結晶の地
    メインターゲット:ブラキディオスの狩猟
    IMG_20191209_152234








    これ完全にあの作品を意識した画だよね…?

    img_6

    こっちは武器違うけどね。


    思い出すなぁ~…
    MHXXのときに出たイベントクエストで行ってた、「ブラキ炭鉱」を思い出すわ。

    てか好きで炭鉱夫やってたわけじゃねええええええええええええ!!!








      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_20190711_182617





     熱の刃


      ディノバルド
    IMG_20190711_182609
    「モンスターハンタークロス」初登場。
    大剣のような圧倒的な大きさの尻尾が特徴。

    自身の持つ火属性ブレスもしくは地面で尻尾を研磨し、赤熱化させる。

    ディノバルドの尻尾近くの甲殻は、鉄に似た性質を持っているため、時間が経つと尻尾は酸化し錆びてしまう。その度に牙などを用いて研磨するようだ。

    クロスの生態ムービーではリオレイアと縄張り争いを繰り広げるが、アイスボーンではディアブロスとも縄張り争いをする様子。

    19-07-11-18-44-46-271_deco




    ワールドではワールドらしい味付けがされている(開発チーム談)らしく、どんな生態なのか、どんな技を出してくるのか期待したい。






     ビれる暴れん坊


    アンジャナフ亜種
    D_Lj-SEUEAAVARo

    暴れん坊と称される蛮顎竜 アンジャナフの亜種。主に寒冷地を徘徊する。

    自身の蓄電能力を放出エネルギーやブレスではなく、身体強化メインで使う、フィジカルファイター。

    攻撃毎に口元と背の皮膜へ蓄電されていく。

    19-07-11-18-57-21-616_deco

    蓄電をしていくほどに身体の強化レベルが上がり、野放しにしていると手がつけられなくなる。

    強化された身体能力はかの轟竜ティガレックスと同等かそれ以上とされ、彼と寒冷地で縄張り争いをする姿がしばしば目撃されている。

    19-07-11-18-57-33-350_deco










     吉な惨爪


    爪竜 オドガロン亜種
    D_LlQ9OVUAAcN6m
    食料となる肉を携帯。肉を喰らい、凶暴化する。

    原種も同じ行動を取るが、亜種はその肉を喰らう頻度が多く、頻繁に凶暴化するため、より狩猟が難しい。

    龍属性を纏い、獲物に襲いかかる。


    自然界では珍しいことではないが、オドガロン亜種はディアブロスとその亜種のように、原種と縄張り争いをする。


    たとえ同種であろうと自分の縄張りに立ち入った者には容赦なくその爪と牙を立てるようだ。

    19-07-11-20-15-32-317_deco

    19-07-11-18-57-06-960_deco

    亜種でありながら登場ムービーが用意されているらしく、ワールドの亜種モンスターより大分優遇されている。


    19-07-11-20-05-52-010_deco

    19-07-11-20-05-23-335_deco



    Ebony = 真っ黒。漆黒





     本Pが好きなシリーズ3


    19-07-11-20-15-13-459_deco

    ウラガンキンの体に粘りついている緑色の液体。

    突如その液体が赤く染まり爆発。

    19-07-11-20-15-04-656_deco

    ウラガンキンが息絶えた。


    やはり、彼も帰ってくるようだ。
    19-07-11-20-25-02-824_deco







    このページのトップヘ