となりのモンスター屋さん【となもん】(モンハン/ポケモン/特撮/ゲーム関連ブログ)

となりのモンスター屋さんへようこそ! ここはモンスターハンターや特撮など一部のカテゴリ好きな管理人が情報や雑感を投稿するブログです。 一部ネタバレ情報もありますので、最新情報を知りたい方は是非「ホーム画面に追加」して、ちょくちょく確認してみてくださいね

  • Twitter
  • RSS
    ⚠️注意書き⚠️
    「となりのモンスター屋さん」、
    略して「となもん」へようこそ。

    ここはモンスターハンターやポケモン、特撮など一部のカテゴリ好きな私、管理人が情報や攻略情報をご紹介する、オタクのオタクによるオタクのためのブログです。

    未確定の噂やネタバレ情報を記載した「ネタバレ/内部データ情報」というカテゴリーの記事がありますが、
    こういったネタバレ情報が苦手な方は
    【ネタバレ注意】
    とタイトルに記載されている記事(2022年以降の記事を中心に記載)は、閲覧を避けていただくようお願いします。

    【ネタバレ注意】の記事を閲覧頂く方も、海外からのデマ情報が含まれている場合がございますので内容を鵜呑みにせず、楽しんで閲覧頂ければ幸いです。

    また、管理人およびブログ関係者への誹謗中傷を目的としたコメント、メッセージ等は然るべき機関へと報告させて頂きますのでご承知おきください。
    それ以外の、記事に関する要望や「こんな情報あったけど調べてくれないか?」という意見があればブログ内の個別メッセージやコメントをご利用ください。

    ポケモンスカーレット

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1677612193674











    最終更新日:2023/09/08

     要

    ポケモン剣盾のver1.2配信時、ポケモン図鑑の
    スタブ(残骸)データ
    が一部削除されました。

    なぜ一部だけ削除されたのか当時は不明でしたが、その後、かつてスタブデータとして登録されていた(マギアナ以外の)すべてのポケモンが鎧・冠にて復活しました。

    今回も似たようなことが行われており、ver1.2配信のタイミングで、ポケモンSVの図鑑からスタブデータの一部が削除されています。

    今回もスタブデータが削除されたポケモンたちが復活対象だと予想。
    そのポケモンリストをご紹介。

    ですが、既にホーム解禁で登場することが決まっているミュウツーやレックウザ、シンオウ三龍など、
    続投するはずの伝説のポケモンも含めた、殆どの伝説のポケモンのスタブデータが存在したり、
    ほとんどの御三家のスタブデータが削除されているなど不可解な点も見受けられます。
    (スタブデータ削除=登場の可能性大のため、ホーム解禁ポケモンが削除されていないのは不可解)

    リージョンフォームは原種が登場していた場合、殆どが登場しますので内容は省略しています。

    ちなみに5世代の序盤ポケモンが少ないのは恐らく意図的。リメイクやレジェンズ系列にて大量復活させる予定と考えられます。

    ちなみに緑で色付けされたポケモンは、「前編・碧の仮面」、青で色付けされたポケモンは「後編・藍の円盤」で新しいポケモン図鑑に登録が行われるとされているポケモンたちです。(色付けなしは図鑑登録がないだけでホーム等から連れてこれるだけ)






     ントーポケモン

    1677728573052
    • フシギダネ系統
    • ゼニガメ系統
    • アーボ系統
    • サンド系統
    • ピッピ系統
    • ロコン系統
    • ナゾノクサ系統
    • ニョロモ系統
    • マダツボミ系統
    • メノクラゲ系統
    • イシツブテ系統
    • ドードー系統
    • パウワウ系統
    • タマタマ系統
    • サワムラー(バルキー)系統
    • ドガース系統(ガラルのすがた未削除)
    • サイホーン系統
    • タッツー系統
    • エレブー系統
    • ブーバー系統
    • ラプラス
    • ポリゴン系統
    • カビゴン系統

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • フリーザー
    • サンダー
    • ファイヤー
    • ミュウツー
    • ミュウ






     ョウトポケモン

    1677728695248
    • チコリータ系統
    • ワニノコ系統
    • ヒノアラシ系統(ホーム解禁)
    • オタチ系統
    • ホーホー系統
    • イトマル系統
    • チョンチー系統
    • (ピィ)
    • (キレイハナ)
    • (ニョロトノ)
    • エイパム系統
    • ヤンヤンマ系統
    • グライガー系統
    • ブルー系統
    • マグマッグ系統
    • ウリムー系統
    • エアームド
    • (キングドラ)
    • (ポリゴン2)
    • ドーブル
    • (バルキー系統)
    • (エレキッド)
    • (ブビィ)

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    なし






     ウエンポケモン

    1677728912908
    • キモリ系統
    • アチャモ系統
    • ミズゴロウ系統
    • ポチエナ系統
    • ハスボー系統
    • タネボー系統
    • ノズパス系統
    • プラスル
    • マイナン
    • バルビート
    • イルミーゼ
    • ナックラー系統
    • ヘイガニ系統
    • ヒンバス系統
    • ヨマワル系統
    • チリーン系統
    • ダンバル系統

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • カイオーガ
    • グラードン
    • レックウザ





     ンオウポケモン

    1677729472102
    • ナエトル系統
    • ヒコザル系統 
    • ポッチャマ系統
    • ズガイドス系統
    • タテトプス系統
    • (エテボース)
    • (リーシャン)
    • (ゴンベ)
    • (ドサイドン)
    • (エレキブル)
    • (ブーバーン)
    • (メガヤンマ)
    • (グライオン)
    • (マンムー)
    • (ポリゴンZ)
    • (ダイノーズ)
    • (ヨノワール)

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • ユクシー
    • エムリット
    • アグノム
    • ディアルガ(オリジン含む)
    • パルキア(オリジン含む)
    • ヒードラン
    • ギラティナ(オリジン含む)
    • クレセリア
    • アルセウス






     ッシュポケモン

    1677730526949
    • ツタージャ系統 
    • ポカブ系統
    • シママ系統
    • モグリュー系統
    • ドッコラー系統
    • クルミル系統
    • モンメン系統
    • ズルッグ系統
    • チラーミィ系統
    • ユニラン系統
    • コアルヒー系統
    • バチュル系統
    • ヒトモシ系統
    • コジョフー系統
    • ゴビット系統
    • バルチャイ系統

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • ミジュマル系統
    • トルネロス
    • ボルトロス
    • ランドロス
    • メロエッタ





     ロスポケモン

    1682025153565


    • ハリマロン系統(ホーム解禁)
    • フォッコ系統(ホーム解禁)
    • もこおニャスパー系統
    • マーイーカ系統
    • ボクレー系統

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • メレシー
    • ディアンシー
    • フーパ
    • ボルケニオン








     ローラポケモン

    1677731206672
    • ニャビー系統
    • アシマリ系統
    • ツツケラ系統
    • アゴジムシ系統
    • アブリー系統
    • ミズクモ系統
    • キュワワー
    • メテノ
    • ジャラコ系統

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • マギアナ
    • モクロー系統






     ラル系統

    1682025135600

    • サルノリ系統
    • メッソン系統
    • ウッウ
    • マホミル系統
    • モルペコ
    • ジュラルドン

    ■スタブデータ未削除(ホーム解禁)
    • ザシアン
    • ザマゼンタ
    • ムゲンダイナ
    • ダクマ系統
    • ザルード
    • レジエレキ
    • レジドラゴ
    • ブリザポス
    • レイスポス
    • バドレックス





     スイポケモン

    1677732308268
    • アヤシシ(ホーム解禁)
    • バサギリ(ホーム解禁)
    • ガチグマ(ホーム解禁)
    • イダイトウ(ホーム解禁)
    • オオニューラ(ホーム解禁)
    • ハリーマン(ホーム解禁)
    • ラブトロス(ホーム解禁)








    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1689219705910

    1670669420272



    記事のお供に聴きませんか?













     ンカウント方式について

    ここでいうエンカウント方式は
    ランダムエンカウント/シンボルエンカウント
    とかの話ではなく
    戦闘に入るときに
    ポケモンに触れる必要があるか
    触れる必要が無いか
    ということです。



    プレイしてたら必ずと言っても良いほどある、
    ポケモンに間違ってぶつかって戦闘に入る、
    もしくは戦闘後に即また戦闘になるという事態。


    以前、こちら▼の記事で


    「9世代(ポケモンSV)では触れて戦闘になるように」
    ということを書きましたが
    ポケモンSVをプレイしてみると
    成功とは言いがたい
    と感じました。

    プレイヤーがダメージを受けてゲームオーバーというのはレジェンズアルセウスだからこその仕様ですが、戦闘へ入るのはアルセウスと同じポケモンボールを近くへ投げてエンカウントという仕様で良かったのではと思います。

    SVはボールをポケモンに直当てすると戦闘になりますが、レジェンズアルセウスは『近くにポケモンボールを投げる』ことで戦闘が開始されます。

    この『近くに』という判定の甘さが、かなり有難かった。

    一応ポケモンSVも近くで投げれば狙う狙わない関係なく、当たった判定になって戦闘に入りますが、
    戦闘へ入るまでのゲームの処理速度が早いことボールをZR長押しで構えて投げられることや、ボールを投げる操作(ジャイロ操作)が直感的な分、ポケモンとの戦闘になるまでのプロセスやシステム、そしてなによりゲームの処理速度は、レジェンズアルセウスに軍配が上がります。






     現方式について

    Emd3xfCVkAInDgA
    SVは、剣盾と同じくランダムポップ(出現)です。
    一定距離離れるとポケモンが消え、近づくと別の個体が出現します。

    toritodon-730x410
    一方、レジェンズアルセウスは固定ポップです。
    フィールドに出向いたらその時点でポケモンの出現情報が決まります。

    今後のポケモンで実装すべきなのは、個人的にアルセウスの「固定ポップ」だと思っています。

    というのも、ランダムにしてしまうとポケモンの出現する位置などが予想できず、突然目の前にポケモンが現れ、触れることで戦闘になるなどゲームの快適性やテンポが著しく損なわれてしまうためです。
    上述した「連続で野生ポケモンと戦闘に入ってイライラする」ことがコレに含まれます。

    また、ランダムポップだと起こりうる距離が離れてしまったせいで色違いポケモンがフィールドから消えるなんてことも、固定ポップであれば起こりません。

    レジェンズアルセウスでフィールドからポケモンが消えることは確かにありましたが、これはあくまで臆病なポケモンがプレイヤーから逃げ出していなくなった…という "ポケモンの生態" によるものです。

    固定ポップにすれば、フィールドに赴いた時点で別フィールドに行く(レジェンズアルセウスで言うコトブキムラに帰る)までは全ポケモンの出現情報が固定されるので、どのポケモンが色違いになるか、どんな個体が出るか等が全て決まります。


    mc20-02-e1506645686689
    いわゆる、
    マイクラでいう「シード値」
    というやつですね。

    特定の英数字で構成されるシード値ですが、このシード値というただの英数字で、半永久的にフィールドに出現する全ポケモンの個体情報が決定します。

    これを再び実装すればゲームはシードを参照してポケモンの出現情報をあらかじめ決めておけるので、ゲーム内でリアルタイムに個体の処理を行う必要がなく、処理落ちしてカクカクになることも少なくなるんじゃないかと予想してます。

    レジェンズアルセウスから、ポケモン1匹の3Dモデルのデータが重くなっている可能性もあるため、なおさらリアルタイムで細かい計算を行って出現させるランダムポップ方式は厳しいのでは?と感じています。

    その重くなったデータをうまく最適化させてゲーム機での処理を軽くする、というのが開発陣としての業務の1つなんでしょうけど、出来てないまま発売されてしまった以上はもうどうしようもないので、新作に期待するしかありません。

    これで違ったら…そうですね、笑ってください。









    Z Lボタンの仕様について

    b83ae37f1676f83d7920a2bab4fa90df
    ZLボタンの感度が悪い
    ことで度々SNSでも話題が上がっていたSV。

    じゃあレジェンズアルセウスどうだったの?と思ったのですが、反応がない時は一人称視点になり、
    近くに野生ポケモンがいた場合、ほぼ強制でカメラが俯瞰視点に変更され、野生ポケモンに向きます。

    ヨルノズクもビックリなほど
    グリン!と向きます。

    そして注目してからも図鑑開くなどのボタン操作、
    注目したポケモンの捕獲しやすさを表すマークの表示など情報量が多くありました。

    というかそもそも、レジェンズアルセウスとポケモンSVではZR(=ボール投げボタン)とZL(=注目ボタン)の押す順序が違います。

    レジェンズアルセウスではZRを長押しし、ポケモンの情報や捕獲率を確認するために、ついでにZLボタンを押すことが多かったです。
    捕獲を行う上で激しく動くポケモンは、ZLで注目するより、自身のジャイロ操作で当てた方が確実でした。

    ポケモンSVはZRを押すと長押しなど関係なくボールを投げてしまいます。
    殆どレジェンズアルセウスではジャイロ操作だったところを、必然的にZLボタンで狙う必要があるゲームへ変更してしまっているため、「ZLの感度が悪い」という評価を受けやすいのだと感じました。

    3AF8A008-1836-4930-8F85-5187F2ED06E5
    加えて、ポケモン好きにはたまらない手持ちポケモンを外に出す「ポケモン出し」。
    一応ポケモンSVにもピクニックがありますが、
    ポケモンがその場から動かずに可愛い仕草をしてくれる点、ポケモンボールをポケモンにぶつけるとポケモン同士の会話が見れる点、そしてZLボタンの一人称視点で姿を間近で見れる点を考慮すると、
    やはりレジェンズアルセウスに軍配が上がりますね。













     獲について

    2022_012_pokemon_legends-30
    モンスターボールの素投げが欲しい!

    素投げで捕まえられるって、めちゃくちゃ楽しかったし、楽なことだったんだってわかりました。
    やはり大切なことは失って気付くんだなぁ…。

    今作ポケモンSVにおいて、図鑑登録が済んでいるポケモンは捕獲率と捕獲クリティカル発生率が2倍になるようですが、その捕獲しやすさを差し引いても素投げは欲しいところ。

    特にフェザーボール系列。
    このまっすぐ飛ぶボールにお世話になった調査員は多いのではないでしょうか?

    そんでもって、
    早くジャイロ操作を返してくれ!!






     トル中の動作について

    1670665191437
    戦闘に未参加の野生ポケモン
    ポケモンSVでは、戦闘に参加していない野生ポケモンも画面上に表示するようになりました。
    可愛いですし、"そこいる感"が素晴らしいと思います。

    しかし、
    これはレジェンズアルセウス方式を採用するべきだと思っています。
    というのも、レジェンズアルセウスではバトルが始まると、バトルに入っているポケモン以外は一時的に『その場から離れて消える』(見えなくなりその場から動かなくなる)ので、終了後に即戦闘になるストレスも発生しません。
    何より、ポケモンがたくさんいることが原因の処理落ちが発生しにくくなります。



    img_05
    主人公の操作
    これもレジェンズアルセウスの方式が好ましいです。
    主人公がバトル中でも走ることができる…というシステムですね。
    画期的でした。
    ポケモンをプレイしている人なら皆「え!バトル中に動けるんだけど!」となったはず。
    これのおかげでバトル中の勇ましい相棒の姿もしっかり見ることができます。
    加えて、今作から初めて導入された「走って戦闘から離脱」する行動(野生ポケモン戦のみ)。
    今までコマンドだけでしか出来なかった「逃げる」ということをプレイヤーの「走る」という当たり前のアクションだけで表現した「ポケモンのあたりまえ」を見直した素晴らしいシステムだと思います。


    features_img_04
    おまかせバトル
    SVから導入された画期的なシステムです。
    Rボタンを押すだけでわざわざバトルをしなくとも勝手にポケモンが戦ってくれる仕組みですね。
    これとモンスターボールの素投げ捕獲が両立できる作品が出てしまったら、恐らくもう過去作品には戻れないでしょうね。
    スター団がこの方式でしたが、私としては道中のトレーナーも話しかけた瞬間にシームレスにおまかせバトルに移行しても良いと思います。
    加えて、これで努力値が入るシステムでも良いと思っています。







     持ちポケモンのあれこれ

    1670667917555
    pokemon-legends-arceus-sinka-siyou-irotigai-jyouhou-4
    ポケモンSVもレジェンズアルセウスに近いものになってはいますが、この↑画像のようにレジェンズアルセウスほど洗練されてはいないですよね。
    「LvUP!」
    「+新しい技」
    「進化可能」

    これが一気に表示される画期的なシステムでした。
    加えて、ポケモン勝負では経験値は全て戦闘後に一括で入るシステムだったので、そういう面でも遊びやすかったです。

    1670668937734
    SVも、新しい技を覚えたときにアナウンスしない設定にすると、💡マークを出してお知らせしてくれますが、「+新しい技」の表記と比べてしまうとやっぱり分かりやすさでは劣りますね。


    5C0F35EF-8D0B-40D5-81DC-8CA6E9DDF095-e1643368071317
    ちなみに、レジェンズアルセウスは経験値が入ったとき進化可能かどうかを見落としてしまっても大丈夫です。手持ちポケモンを見れば、進化可能なポケモンはモンスターボールが光っています。

    pokemon35
    そして、進化も任意。
    もちものが持たせられない関係上このシステムにしたのかもしれませんが、今後はこのシステムをデフォルトにしてほしいですね。

    通信交換進化はレジェンズアルセウスでも交換すればそのまま進化するので、交換進化の仕様はそのままで『つながりのヒモ』の復活をお願いします。

    もちものが持てる作品でこのシステムが復活すると、「○△□を持たせ、つながりのヒモを使うと進化」になるポケモンなんかも出てきそうですね。
    持たせて通信交換系はあり得そうです。

    通信交換がない作品の1つにポケモンスリープが挙げられますが、ここにも『つながりのヒモ』が登場。
    こういった形でレジェンズアルセウスの要素が輸入されているのは、作品ファンとしては嬉しいですね。


    1670668626259
    また、ポーチの仕様的にこの部分を「ボール」「回復」「きのみ」などに細分化すれば、完璧ですね。









     ックスや手持ちポケモンの動作

    20191206215334
    正直、ボックスや手持ちポケモンがRS~剣盾までのようにドット絵であろうが、

    IMG_6050
    レジェンズアルセウスやポケモンXD、バトレボなどのような顔だけを表示させたアイコンであろうが、

    IMG_5022
    BDSPやSVのような手描きイラストであろうが、正直どれでもいいのですが、
    ボックスの動作が重たくなるような事が起きない、色違いかどうかがポケモンのアイコンを見れば一目で見てわかる等しっかり作り込まれているのであれば何でもOKです。

    また、フィールドはフィールド、ボックスはボックスと処理をしっかりと分ければ、処理も軽くなるのでは?というのがひとつ意見としてあります。

    バックグラウンドでフィールド処理も同時に行っていそう(ポケモンの鳴き声が聞こえたり、ボックスを開く前と閉じた後で野生ポケモンの位置が違う)ですので、それを無くせば幾分かボックス処理も軽くなるんではないでしょうか?

    欲を言えば、ゲームフリーク製ポケモンのアイデンティティでもある「ドット絵アイコン」を、新規ポケモンはモチロン新規作成し、既存ポケモンたちはポケバンクや剣盾で利用したものも流用し、加えて色違いもドットに反映させてほしいところです。

    まあ、ポケモンホームやポケモン本編をこんなにゲキ重動作な状態でしかリリースできない現状で、開発陣に動作を軽くするための業務リソースが避けるのか?というのが正直な疑問ですので、本当にスケジュール、業務リソースに余裕がある場合に望みたいところ。











    今のところ、レジェンズアルセウスと比較してみてこれはあった方が良かったなぁと思った事は以上ですかね。
    他に何かありそうでしたらコメントで教えて下さい。


       

    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1669879127262













     タスコアって?


    ざっくり言うと海外のゲームメディアがゲームの評価を点数として出したものを、
    100点満点換算に変換して集計したスコアのことです。


    「73点?高いじゃん!」


    そう、高いんですよ。
    普通のゲームソフトと比較すればね。
    でもこれは「ポケットモンスター」。
    普通のゲームより圧倒的な数のファンがおり、とてつもない売り上げも叩き出す、いわゆる「AAA(トリプルエー)タイトル」と呼ばれるものです。

    比較対象は当然、同じAAAタイトルか、
    ポケットモンスター作品に絞られていきます。


    ちなみにswitchのポケモンだけに絞るなら、
    • ピカブイ:80点
    • 剣盾:80点
    • BDSP:73点
    • LEGENDSアルセウス:83点
    となっています。


    海外のゲームメディアも、任天堂系列のゲームには点数の付け方が甘いので点数が80点を超えがちなんですが、
    どうやら今回はさすがに辛口にならざるを得なかったようです。

    このメタスコア、発売から時間がたつにつれて、辛口なゲームメディアも増えるのか、どんどん点数が下がります。

    あのレジェンズアルセウスですら発売してすぐは90点近くあったんですが、今じゃ83点です。
    それでも高いですけどね。




    アップデートのお知らせが来ましたが、相変わらず内容が簡素。

    この「その他、いくつかの問題を修正しました」の部分がいったい何なのかというのを知りたいというのに面倒臭がっているのか、はたまた直せていないからこう記載するしかないのか…

    モンハンやスプラはどんな問題をどう解決したかを詳細に記載していますが、ポケモンはかなり簡潔な内容となりました。

    果たして、アップデートのお知らせがモンハンやスプラのように詳細に書かれる日は来るのでしょうか…










    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    23-02-28-06-59-24-284_deco











     編「碧(みどり)の仮面」

    23-02-28-07-02-19-409_deco
    秋配信予定の碧の仮面では、4匹の新ポケモンが登場します。

    img01-sp

    舞台は「キタカミの里」。林間学校でやってきた主人公たちに新たなポケモンや新たなキャラクターたちとの出会いがあるようです。
    パルデアとはまた違う自然豊かな土地を冒険しながら、この地に伝わる昔話を紐解いていきます。


    img01
    mv_img01

    オーガポン
    恐ろしいお面を付けた伝説のポケモン。
    素顔はどうやらかなりつぶらな瞳です。




    img03
    イイネイヌ
    キタカミの里を守ってくれたとされるポケモン。
    親しみをもって里には彼の石像が建っています。

    img04
    マシマシラ
    キタカミの里を守ってくれたとされるポケモン。
    親しみをもって里には彼の石像が建っています。


    img05
    キチキギス
    キタカミの里を守ってくれたとされるポケモン。
    親しみをもって里には彼女の石像が建っています。

    なんだか守ってくれるというより悪どいことをしてきそうなツラをしている3匹ですが果たして…?









     編「藍(あお)の円盤」

    23-02-28-07-02-26-547_deco
    冬配信の「藍の円盤」では、ついにSVの物語の根幹となりうる「仮称■■■」らしきポケモンが登場します。

    img02-sp
    舞台は姉妹校の「ブルーベリー学園」。海の中に佇むこの学園へ、交換留学のためにパルデア地方からやって来た主人公たち。
    近年新設されたばかりの学園で、バトルについて学んだり、一風変わった授業を受けたりと、新しい学園生活を送ることとなります。



    mv_img02
    テラパゴス
    背中の甲羅に各タイプのマークが描かれた亀型の伝説ポケモン。スカーレットブック/バイオレットブックの仮称■■■にそっくりな見た目です。
    テラスタルの根幹に関わっていそうですが果たして?







     人のブルーベリー生

    「碧の仮面」と「藍の円盤」を通して登場する姉弟の「ゼイユ」と「スグリ」は、キタカミの里出身で、ブルーベリー学園に通っています。

    img01-sp (1)
    気は強いけど弟思いの女の子
    ゼイユ
    姉の「ゼイユ」は気が強く、少し身勝手な一面もありますが、不器用ながら弟を気にかけています。パルデア地方など、他の地方からやってきた人に対して、冷たい態度をとることがあるようです。


    img01-sp (2)
    おっとり気質な男の子
    スグリ
    弟の「スグリ」はおっとりした性格で、よく姉の背中に隠れたりします。パルデアからやってきた主人公のことが気になるようです。






     入者特典

    ■早期購入者限定
    カリスマのあかしをもつ
    ヒスイゾロアーク
    20230227_233848
    ふしぎなおくりものから、シリアルコードを入力することで入手できます。
    購入後に表示される、もしくはメールに記載されたコードを入力しましょう。



    ■購入者特典
    ニューせいふくセット
    20230227_233853
    Xボタンで開くメニューの「ゼロの秘宝」欄を開き、
    特典を入手しましょう。









    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    23-02-27-23-34-48-159_deco













     代のスイクン

    visual

    ウネルミナモ
    分類:
    パラドックスポケモン
    特性:こだいかっせい
    タイプ:みず・ドラゴン

    img_02 (1)
    二足歩行、二股の尻尾、鋭い爪などドラゴンポケモンの気質が強くなっているスイクンそっくりのポケモン。

    新技
    ハイドロスチーム
    分類:とくしゅ
    タイプ:みず
    威力:80 
    命中:100
    煮えたぎる水を勢いよく浴びせる技。日差しが強いときは1.5倍の威力になる。

    20230227_233837
    スカーレットにて行われるイベントテラレイドバトルで登場。入手は一度きり。







     来のビリジオン

    visual (1)

    テツノイサハ
    分類:
    パラドックスポケモン
    特性:クォークチャージ
    タイプ:くさ・エスパー

    img_02
    バンギラスに対するテツノイバラや、サザンドラに対するテツノコウベのように、ビリジオンがまんま機械化されたような見た目のポケモン。

    新技
    サイコブレイド
    分類:ぶつり
    タイプ:エスパー
    威力:80 
    命中:100
    実体の無い刃で斬りつける技。エレキフィールド時は1.5倍の威力になる。

    20230227_233839
    バイオレットにて行われるイベントテラレイドバトルで登場。入手は一度きり。








    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1676862542644













     くまで「予想」スケッチ

    WS005070
    20230110151247
    ポケモンSVで登場する「スカーレットブック」「バイオレットブック」に描かれている幻のポケモンの予想スケッチ。

    想像しながら描いた…とあるように、あくまでも予想のスケッチなので、この絵と全く違うポケモンになるのでは?とネットではうわさになっていました。

    そして今回、海外でこの2匹のポケモンはどんな体型になるかという話題の中で、海外のネタバレ提供者から3つの選択肢が挙がりました。


    1.ドス古龍型
    1対の翼を持つ四つ足の形状です。
    型の名前はモンスターハンターの一部モンスターたちに由来します。

    2.怪獣型
    二足歩行を行う、サイドンやニドキングのような尻尾をもつ怪獣タイプのポケモンたちの形状を指します。

    3.ヒト型
    まんま、人間のようなタイプ。エルレイドやサーフゴーなどがこれにあたります。


    この3つのうち、1つがウネルミナモ、テツノイサハ、どちらかの体型だとされています。

    意外なのが、ただの四足歩行型は無いということ。スケッチではまるで三犬や三闘が混ざったような四足歩行だったのに…。
    海外では既に「こんな姿になるのではないか?」という議論がTwitter、匿名掲示板問わず展開されています。

    果たして、正解に似た予想を立てる人は現れるのでしょうか?




     ツノイサハについて

    三闘たちに似たパラドックスポケモンだとされているテツノイサハ。

    とあるネタバレ提供者から、
    「テツノイサハはテツノコウベや、テツノイバラのようなスタイルになる」
    との情報がありました。

    果たしてこれが、「元のポケモンにそっくりである」という意味なのか「体型がどちらかに似ている」という意味なのか、はたまたそれ以外の意味なのかは明らかになっていません。









    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20230217_140259












     なり修正点は多い方

    ポケモン本編シリーズにしてはかなり修正内容が多くなっています。

    以下、本文。




    今回の更新データでは、ボックスで行える機能の一部追加や、ゲーム進行に影響がある不具合の修正などを中心に対応する予定です。引き続き、いただいているご指摘やご意見を真摯に受け止め、改善への対応を進めてまいります。

    ■Ver.1.2.0[2023年2月下旬信予定]

    ■機能の調整
    ボックスで行えることを一部追加します。
    • ボックスの「強さを見る」で、「ニックネーム・マーキング・もちもの・リボン」の変更や、技の並び替え、技の思い出し、技忘れ、わざマシンの使用をできるようにします。
    • 「もちものモード」の際、Yボタンでもちものを入れ替えられるようにします。
    • 「整理モード」「もちものモード」の際、ポケモンやどうぐを移動している状態で「いちらん」を選べるようにします。
    • 「バトルチームモード」の際、表示しているバトルチームに登録しているポケモンは、ボックスで表示されるバトルチームアイコンの色が濃く変わるようにします。

    メインメニューの画面でインターネットに接続した際、ポケポータルの画面で接続した際と同様に「お知らせ」画面を表示するようにします。



    ■不具合の修正
    |テラレイドバトル
    • テラレイドバトルにて「じゃれつく」など特定の技を使用した際や、相手のテラスタルポケモンを特定の状態異常にしてダメージを与えた際に、相手のテラスタルポケモンのHPゲージの見た目が正しく変動せず、その後HPゲージが不自然に増減することがある不具合を修正します。
    • 「さいきょうのあかし」をもったポケモンが出現する黒い結晶のテラレイドバトルにおいて、自分や味方のポケモンのHPが残っている表示であるにもかかわらず、一斉に「ひんし」になる場合がある不具合を修正します。
    • 技の対象の選択画面で相手のテラスタルポケモンが特定の行動を行った際、一定時間操作ができなくなる不具合を修正します。
    • 通信時のテラレイドバトルマッチング画面において、ホストと異なるポケモンが表示されると、エラーが発生する場合がある不具合を修正します。
    • テラレイドバトル検索画面からテラレイドバトルに参加した際、検索画面に表示されていたポケモンとは違ったポケモンのテラレイドバトルの募集に参加してしまう場合がある不具合を修正します。
    • 特定の状況で、テラレイドバトルの結晶が一定期間発生しなくなる場合がある不具合を修正します。


    |バトル
    • ダブルバトルの際、ひんしになったポケモンに対する技のタイプ相性が技や対象の選択画面に表示され続けないようにします。
    • 特性「イリュージョン」で他のポケモンに化けているゾロアークがテラスタルした場合、「相手を見る」画面でそのポケモンがゾロアークであることが分かってしまう不具合を修正します。
    • 特性「イリュージョン」で他のポケモンに化けているゾロアークがテラスタルした場合、そのゾロアークに対して表示される技のタイプ相性がゾロアークのテラスタイプに対してではなく、化けているポケモンのタイプに対してのものとなってしまう不具合を修正します。
    • 口の中にシャリタツがいるヘイラッシャが「いっちょうあがり」を使用した際、技が相手の「まもる」などにより無効になった場合も能力が上がってしまう不具合を修正します。
    • 「みちづれ」を使用した際、次のターンにテラスタルすると自分のポケモンがひんしになっても「みちづれ」の効果が発動しない不具合を修正します。


    |その他
    • ゲームの強制終了が発生しやすい箇所の一部について、原因となっていた問題への対処を行います。この対処に伴い、一部の街やフィールドで表示されるポケモンや人物の表示数が減る場合があります。
    • パルデア図鑑に登録されない他の地方のポケモンを通信交換で入手した際、パルデア地方のポケモンの図鑑が登録されたように表示されてしまう不具合を修正します。
    • 特定の行動をした際、ソフトの再起動を行うまで主人公の表情が変わらなくなる不具合を修正します。
    • ランクバトルのシーズン1終了時、シーズン結果集計期間の直後にランクバトルの画面に遷移したプレイヤーにおいて、ごほうびを受け取った後にエラーが発生し、以降ランクバトルに参加できなくなる不具合を修正します。
    • バトルチームが複数登録されている際、先頭ではないバトルチームでランクバトルのマスターボール級に勝利してもポケモンがマスターランクリボンをもらえない不具合を修正します。
    • 自分が捕まえたポケモンが通信交換で他のプレイヤーから戻ってきたとき、プロフィールアプリの「レベル〇〇以下で 捕まえたポケモンが いうことをきく」という内容通りに言うことを聞いてくれるようにします。
    • ポケモン図鑑に登録済みのポケモンについて、色違いのポケモンや、自分と異なる言語で遊んでいるプレイヤーが捕まえたポケモンをマジカル交換で受け取った場合、ポケモン図鑑の表示が追加されない不具合を修正します。
    • 一部のフィールドでモンスターボールなどの意図しないオブジェクトが表示される場合がある不具合を修正します。
    • メインストーリーの一部の街中でのバトルにおいて、通行人が表示されないようにします。

    その他、いくつかの問題を修正予定です。




    赤文字になっている部分は、特に通常プレイしていてもよく頻繁に目にした不具合や不便な仕様。


    特にボックス関連に関してはかなり改善点が多くなっています。
    もともと出来ていた機能が何故か消されていたのを戻しただけの部分だろ!というのは置いておいて…。

    ですが、ボックス関連で最も懸念されるのは「ポケモン表示が遅すぎる」という点。
    はたしてこの読み込みの遅さ、表示の遅さは改善されるのでしょうか?


    原文はこちら














    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1672562713404














     外でのDLC名やニアポケモン

    まずは海外でウワサとなっているDLCの名前からご紹介。

    剣盾らと違って、スカーレット/バイオレットでDLC名が違うようです。


    スカーレット
    「An Epic Past」
    意訳すると「壮大なる古代」


    バイオレット
    「A Greater Future」
    意訳すると「偉大なる未来」


    それぞれ「壮大なる古代」には「ウネルミナモ」が、「偉大なる未来」には「テツノイサハ」が登場するとされています。

    1-1183

    また、「巨大なオーブを抱えたカメレオン」型のポケモン(スカーレット/バイオレットブックの「仮称■■■」)ももちろん登場し、その他いくつかのニアポケモンたちが登場します。

    ■ニアポケモン
    当ブログの中でリージョンフォームや、ノノクラゲ等のモドキポケモン、パラドックスポケモンたちを総称するときの造語。
    語源はNear(近い、ほぼ)から。

    うち、ニアポケモンの中に
    「ギャラドス」に似たポケモンや、
    「フワンテ」をに似たポケモン
    プロモーションビデオ内に登場するとの噂です。







     の他

    前記事でも書きましたが
    ポケモン不思議のダンジョンシリーズの告知や
    その他にもスカーレットバイオレットの星7レイド告知、そして
    アローラ御三家の星3レイド
    も登場予定との噂。

    不思議のダンジョンシリーズは、あの名作
    「空の探検隊」のリメイク
    だとされています。

    今回の星7レイドは
    「カイオーガ」
    「グラードン」

    どちらも入手は出来ませんが、剣盾のミュウツーレイドのように、倒して報酬を手に入れる事が目的になるといわれています。

    アニポケの映画も発表があるようですが、
    噂では、なんと
    サトシとピカチュウが続投
    色違いのジラーチが登場するようです。

    ※2/27(月)追記
    上記全てガセ情報だった模様













    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1669164751796










     作面

    ポケモンSVでずっと問題になっている
    処理落ち問題
    たまに、フリーズしてゲームが強制終了することを「処理落ち」だと勘違いしている方がいますが、そういった話がしたいのではありません。

    しるしの木立、オージャの湖あたりは特にひどいですね。

    木や水といったどのゲームでもありがちなオブジェクトがたくさんあるだけで動作が重くなってしまっているのは問題なので、修正されてサクサク動くことが期待されます。

    特に起動時間が長かったりすると、処理落ちの度合いも酷くなりますからね。
    酷いときは、サンドイッチを主人公が「パクっ」と食べるモーションや味わっている表情が再生されず、ただ無表情でガッツポーズを取るなんて事も起きます。









     ステム面

    多すぎて何から言っていいのやら…。

    とりあえずは下記の記事でブツブツ書き連ねたものが対象になりますかね…。


    また、ポケポータルから入る
    テラレイドバトルの使いにくさ
    も問題でしょうかね。

    普通のゲームならタイプ検索やキャラクター(ポケモン)検索等が付くとは思うのですが…。
    その上、一度ポケモンを選択すると通信失敗時に30秒?1分?拘束されるという仕様に、イライラすることが多々あります。








     報面

    なんのことかというと「アップデート内容のアナウンス」についてですね。

    ■Ver.1.1.0[2022.12.2配信]
    |更新内容
    ・「ランクバトル シーズン1」の開始にともない、「バトルスタジアム」から「ランクバトル」をお楽しみいただけるようにしました。
    ・シナリオ「チャンピオンロード」の四天王、トップチャンピオンとのバトルにおいて、BGMが正しく再生されないことがある不具合を修正しました。
    ・その他、いくつかの問題を修正しました。

    簡素すぎます
    あまりにも簡素。

    「その他、いくつかの問題を修正しました。」

    この「その他」の内容を知りたいのに、教えてくれないのは何故なのでしょうか?
    昨今の大型ゲームタイトルでここまで更新内容を教えてくれないのは悪い意味で珍しいです。

    果たして、今回のアップデートで内容を細かく精査して教えてくれるのでしょうか。

    どうせ無いと思うけど










     ザイン面

    ポケモンのデザインではないです。
    タイプアイコンのデザインです。

    Fnnj22EXoAAefFy
    FnnpPdxagAACPen

    テラレイドバトルの画面では黒くアイコンを表示するため非常に分かりにくい。
    これに尽きます。




    これら大きく分けて4つの問題が解決される…そう期待したいところです。




    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1675953579318











     命と自然、究極、不滅

    発見されたネタバレ画像は以下の4つ。
    手持ちにいるときに表示される画像のようです。
    なんだかんだ追加されないプレイスホルダー(仮置き)かもしれまんが…。



    20230209_233004
    メガシンカ
    発見されたものの1つ。メガストーンと呼ばれる特殊な鉱石を介して、ポケモンの生体エネルギーを引き出し、特殊な姿に変化したり強力なパワーを得る現象。トレーナーとの絆がないと、単なる暴走形態になりかねない危険な現象でもあります。



    20230209_233006
    ゲンシカイキ
    カイオーガとグラードン特有の現象。自然エネルギーを「たま」を介して吸収し、原始の姿へ回帰します。



    20230209_233009
    ウルトラバースト
    ネクロズマが強大な光エネルギーを得てウルトラネクロズマへフォルムチェンジする際の現象を指します。


    20230209_233011
    AZのフラエッテ
    3000年前のカロスでの戦争の最中に、無数のポケモンの生命エネルギーを利用した兵器を使われてしまい、死から甦ったフラエッテ。
    既にかつてのトレーナー、AZとの和解を果たしていますが、今作で主人公のポケモンとして入手するのでしょうか?











    ポケットモンスター スカーレット|オンラインコード版 (【早期購入特典】特別な「ピカチュウ」(ゲーム内のポケモン) ×1、「冒険セット」×1 )配信

    このページのトップヘ